認知症の基礎知識

認知症の基礎知識【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 認知症の基礎知識について理解を深め、適切なケアを行う

認知症の概要

  • かつて「痴呆症」とよばれていた認知症は、発症したら有効な治療方法はないとされていたが、現在では早期発見・早期治療が必要な疾患であると捉えられている
  • 早期から適切な治療を始めることにより、症状の改善や進行を遅らせることが可能な場合もある
  • 多くの場合、認知症は突然発症するわけではなく、徐々に進行していくため、本人や家族も気づきにくいのが特徴である

認知症の定義

  • 進行性である
  • つぎの症状(=中核症状という)のうち、2つ以上が該当する
    • 記憶障害
    • 見当識障害
    • 判断力の障害
    • 性格の変化
    • 高次脳機能障害
    • 実行機能障害 など
  • 精神的疾患や、知的障害は含まれない
  • 独立した生活、社会的な活動が困難になり、支援や介護が必要になる
  • 就業が困難となる

認知症の初期症状

  • 記憶障害:ものの置き忘れが増え、探し物をする頻度が高くなる など
  • 見当識障害(失見当):時間や状況、自分が今居る場所がわからなくなる など
  • 判断力の障害:料理の失敗など、物事を順序立てて行う行動で失敗する など
  • 性格の変化:頑固になる、怒りっぽくなる など
  • 高次脳機能障害:失語・失行・失認 など
  • 実行機能障害:毎日、同じ服ばかりを着ている、季節にあった服装ができない など

老化と認知症の違い

老化

  • ”忘れやすい”という自覚がある
  • 日常生活には支障をきたさない
  • 体験したことの一部を忘れるので、ヒントがあれば思い出せる
  • 判断力や思考力は変化していない
  • 年月日を間違えることはあるものの、季節に対する感覚は正常である

認知症

  • ”忘れた”という自覚がない
  • 日常生活に支障をきたしている
  • 体験したことそのものを忘れるので、ヒントがあっても思い出せない
  • 判断力や思考力に低下がみられる
  • 時間や場所、季節などがわからなくなる

老化と認知症のもの忘れの違いの例

老化の場合

  • 朝食に何を食べたのかが思い出せない
  • 道で会った人の名前が思い出せない
  • いずれも、ヒントがあれば思い出せる

認知症の場合

  • 朝食を食べたこと自体を忘れる=「食べていない」と主張する
  • 道で会った人の顔を忘れている=「知らない人だ」と主張する
  • いずれも、本人にとっては「その記憶はない」ことになっているので、ヒントがあっても「知らない」という

認知症のタイプと患者割合

  • 認知症にはいくつかのタイプがある
  • それぞれの患者割合の推計はあるが、元となるデータによって多少の誤差があることを理解しておく
  1. アルツハイマー型認知症:推計 50~60%
  2. レビー小体型認知症:推計 10~20%
  3. 脳血管性認知症:推計 5~15%
  4. 1と3の混合型認知症:推計 5~10%
  5. 2と3の混合型=レビーミックス
  6. 前頭側頭型認知症(ピック病を含む):推計 2~5%
  7. その他:推計 およそ5%
  • 加齢に伴う脳への変化が原因となる場合、複数の要因を併せ持っていることも多い
  • 認知症のタイプによってみられる症状に違いはあるものの、病理学的な診断は難しい
    • 例えばアルツハイマー型に特徴的な”病理学的な脳に対する実質的変化”やその度合いは、実際に脳組織を採取しないと正確には把握できない
  • 病理学的な脳の変化の度合いと、実際にみられる”臨床的な症状”は比例しない

患者数と今後の予測患者数(厚生労働省推計)

  • 平成22年に厚生労働省が行った推計では、患者数は以下のようになっている
    • 認知症高齢者(日常生活自立度Ⅱ以上、介護保険利用):約280万人
    • 日常生活自立度Ⅰ又は要介 護認定を受けていない人:約160万人
    • 軽度認知障害(MCI)で、正常と認知症の中間の人:約380万人
  • 全国の65歳以上の高齢者のうち、認知症であると推定される人は約15%
  • 同様に、MCIは13%と推計
  • 各年齢の認知症有病率が一定で推移した場合
    • 2015年の推計値は517万人
    • 2025年までに認知症の患者は約730万人 → 高齢者の5人に1人が認知症
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!