ナースのためのスキルアップ資格【BLSヘルスケアプロバイダー】

BLSって何?って人も多いかもしれませんね。
これはBasic Life Supportの略で、一次救命処置を意味します。

具体的には心臓マッサージ、人工呼吸やAEDの使用など、生命を助けるためにまず行う処置のことを意味します。

p22276

BLSはAHA(アメリカ心臓学会)が提唱する、「専門知識と技術を駆使して、より効果的に、より迅速に行うために確立された救命プログラム」であり、BLS講習を受け認定された者は『BLSヘルスケアプロバイダー』と呼ばれます。

 

今回はナースのためのスキルアップ資格として、BLSヘルスケアプロバイダーの資格について紹介しますよ!

BLSヘルスケアプロバイダーになるには

BLSヘルスケアプロバイダーになるには、日本BLS協会が定める講習会に参加し、コース修了と認定試験に合格する必要があります。

受講条件はとくにありません。医療従事者以外でも参加可能で、学校の先生やスポーツ
インストラクターの方なども受講されています。

講習会は時期にもよりますが比較的開催日が多く、土日コースもあるので参加しやすいと思います。受講料は18100円(登録料含む)です。

申し込みは日本BLS協会または日本ACLS協会のホームページから行います。

講習を受ける前に

事前にBLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル(テキスト)ポケットマスク
購入しておく必要があります。

価格は受講者マニュアル(2010版)が3500円ポケットマスクは2500円前後で、インターネットで購入可能です。

講習までにマニュアルは必ずよく読んでおきましょう。

講習の流れ

受講当日は長時間の実技があるので体調管理に注意しましょう。

講習は1日間で、講習時間は6~7時間程度です。
9:00~17:00のコースが多く、1日みっちり講義と実技指導を受けます。

また、コース開始前にプレ講習会が開催される場合もあります。こちらは希望者のみの参加でOKですが、初めて受講する方はぜひ参加しましょう

講習および実技指導はグループに分かれ、少人数で行います。それぞれのグループに数人の
インストラクターがつくので濃厚な指導が受けられますよ。

コース内容

  1. BLSの基本概念
  2. 成人に対するBLS/CPRの基本とAEDの使用
  3. 小児に対するBLS/CPRの基本とAEDの使用
  4. 乳児に対するBLS/CPRの基本とAEDの使用
  5. 高度な気道確保を使用したCPR
  6. 人工呼吸と補助呼吸
  7. 窒息の解除
  8. 筆記試験

CPRとは『心肺蘇生法』を意味し、心臓マッサージと人工呼吸のことを言います。

BLSプロバイダーコースではこのCPRの技術の確実性を重視されるため、とにかく心臓マッサージの練習をします

人形を使用して「強く 早く 絶え間なく!!」を合言葉にひたすら押しまくるので、
コースが終了するころには両腕はパンパン、手の甲に内出血する人もいるほどです。
必ず動きやすい服装で参加し、事前に準備運動をしておきましょう。

いよいよ認定試験!

技術試験

実技指導を受け、質の良いCPRを実施できるスキルを身につけたら、いよいよ技術試験です。

人が倒れている現場を発見し、反応(意識)の確認 → 応援要請 → 呼吸と脈拍の確認 → CPR開始 → AEDの使用と評価までを実施します。

筆記試験

さらに、コースの最後に筆記試験を受けます。

マークシート方式で、すべて講義中に習った内容が出題されるので、復習さえしっかり行っていればそれほど心配いりません。

その場で採点を受け、無事合格すればBLSヘルスケアプロバイダーとして認定されます。

BLSヘルスケアプロバイダーになったあと

コース終了時にBLSプロバイダーのバッジカードタイプの認定証がもらえます。
更新は2年毎です。更新時期になってもBLS協会から特に通知はないので、認定証に記載された有効期限を確認しましょう。

おわりに

BLSヘルスケアプロバイダーのコースに参加する方は医師や看護師はもちろん、消防士や救命士、事務や接客業の方もいるので、職種を越えたチームワークを学ぶことができ、とても面白いですよ。

コース会場によっては休憩時間にお茶のサービスがあったり、インストラクターさんと歓談する時間があったりするので、リラックスして参加できると思います。

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!