吸引の実際 4 開放式気管吸引

吸引の実際 4 開放式気管吸引【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 開放式気管吸引について理解を深め、適切なケアを行う

閉鎖式吸引との違い

  • 開放式吸引の場合、回路を開放して吸引を施行するため、微生物で汚染されるリスクが高く、無菌操作に注意が必要である

必要物品・準備

  • 個人防護具(マスク、ゴーグル、エプロン、未滅菌手袋)
  • 吸引セット(吸引器、吸引瓶、吸引管)
  • 吸引用カテーテル(成人の場合、10~12Fr)
  • 滅菌手袋
  • ポート用シリンジ
  • 水道水(通水用)
  • 聴診器
  • パルスオキシメーター

方法

  1. 患者に吸引を行う必要性を説明する
    • 吸引中、患者は発声困難となる
    • 苦痛を感じた時に吸引を中断する合図を事前に決めておくと良い
  2. 衛生学的手洗い(手指消毒)を行う
  3. 個人防護具を身に着ける(感染予防目的)
  4. 予め、口腔内の分泌物(痰など)を除去しておく
    • 口腔内に分泌物が貯留している場合は、事前に口腔吸引を行う
    • 可能であれば、吸引ポートからポート用シリンジを使用し、カフ上部の分泌物を除去しておく
  5. 吸引器のスイッチを入れ、吸引圧を設定する
    • 一般的に、成人の吸引圧は150~200mmHg
    • 吸引管を指で塞ぎ、吸引圧がかかることを確認する
  6. 利き手のみ、滅菌手袋を装着する
  7. 回路を外す(人口鼻の場合は、滅菌手袋の台紙など、滅菌状態のところへ置く)
  8. 吸引圧をかけながら、吸引カテーテルを挿入する
    • 自発呼吸のある患者の場合、吸気時にタイミングを合わせて挿入すると、患者の苦痛が少ない
  9. 吸引テーテルを回転させながら引き抜き、短時間で吸引する
    • 一回につき10秒以内を目安とする
  10. 吸引出来たら、人工鼻など、回路を再接続する
  11. 観察を行う
  12. 吸引カテーテルを通水させて吸引管の汚れを流す
    • 分泌物の粘稠度が高い場合は、数回繰り返して汚れを流す
  13. 吸引カテーテルの先端を手に取り、手の中にまとめた状態で、吸引管から外す
  14. 手袋内に吸引カテーテルが収まるよう、手袋を裏返すようにはずす
  15. 使用した吸引カテーテルは、感染性廃棄物として廃棄する
  16. 吸引器のスイッチを切り、吸引管を所定の位置に戻す
    • 個人防護具を外し、廃棄してから衛生的手洗い(手指消毒)を行う
    • 患者の体位を整え、呼吸状態を再度確認する
  17. 問題なければ終了した旨を伝える
吸引カテーテルを挿入し過ぎると、苦痛を増強させるだけでなく、粘膜損傷を引き起こす要因となるため、予め挿入長さの目安を決めておく

アセスメント

  • 吸引前、吸引後に、適切なアセスメントを行う
  • 痰の性状や量、呼吸状態の変化の有無など、観察したことを記録として残す

吸引前

  • 吸引の適応であるか
    • 患者の状態:自力で痰の喀出ができない、気管内への分泌物(痰など)の貯留が確認される

視診

  • 痰や唾液の貯留、浅速呼吸、呼吸数増加などがあるか

聴診

  • 頚部の副雑音、経皮的酸素飽和度(SpO2)の低下があるか
状況に応じて体位ドレナージなどの排痰援助を適宜行い、咽頭まで痰を誘導し、吸引することも必要である
咽頭反射によって嘔気が誘発されやすいときは、誤嚥を防止するためセミファウラー位や、側臥位で顔を横に向けるなどの工夫が必要

吸引後

  • 呼吸状態、循環動態に異常はないか
    • 痰の性状と量、呼吸パターン、呼吸回数、SpO2、モニターの変化など
  • 自発呼吸がある場合、無呼吸になっていないか
    • 呼吸回数の観察を30秒以上行う

注意点

  • 吸引圧が高すぎる場合、気道粘膜損傷の原因となる
  • 気管吸引は無菌操作で行うため、カテーテルを取り出す際、清潔を維持する
  • 吸引カテーテル挿入時、奥まで挿入後、急に吸引圧をかけると粘膜損傷の危険性があるため、必ず吸引圧をかけた状態で挿入する
  • 吸引ポート付きの場合、カフ圧が低下していると気道壁とカフに隙間が生じ、カフ上部に溜まった分泌物が気管に流入する危険があるため、カフ圧の管理も行う必要がある
  • 自発呼吸が見られる患者の場合、吸気時に合わせてカテーテルを挿入すると、苦痛の緩和につながる
  • 気管内挿管の場合、長めの吸引カテーテル(50cm)を使用する
分泌物が十分に引けない場合、安易に吸引圧を上げることは低酸素血症、無気肺、気道粘膜の損傷を引き起こすので避ける
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!