吸引の実際 5 閉鎖式気管吸引

吸引の実際 5 閉鎖式気管吸引【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 閉鎖式気管吸引について理解を深め、適切なケアを行う

開放式吸引との違い

  • 閉鎖式吸引の場合、気管カニューレと気管内吸引カテーテル、人工呼吸器装置の連結を外さずに吸引を行う
  • 吸引中も人工気道からの酸素供給を継続できる
    • 開放式気管吸引に比べ、低酸素血症のリスクが軽減する
開放式での気管カテーテル単回使用と、閉鎖式カテーテル(1日複数回使用、1日1回交換)では、気管感染などの発生率に差があるというエビデンスはない
しかし近年は、酸素供給を維持できる安全性から、閉鎖式の気管内吸引カテーテルの使用が増加しつつある

必要物品・準備

  • 個人防護具(マスク、ゴーグル、エプロン、未滅菌手袋)
  • 吸引セット(吸引器、吸引瓶、吸引管)
  • 閉鎖式気管吸引カテーテル(気管内挿管用あるいは気管切開用)
  • アルコール綿
  • ポート用シリンジ
  • ポート用洗浄水(内腔洗浄用)
  • 聴診器

方法

  1. 患者に吸引を行う必要性を説明する
  2. 衛生学的手洗いを施行する
  3. 感染予防目的で個人防護具(マスク、ゴーグル、エプロン、未滅菌手袋)を装着する
  4. 口腔内に分泌物の貯留がある場合は、事前に口腔内吸引を行う(気道への流れ込み予防)
    • 吸引ポートがついているタイプの場合は、ポートからカフ上部の分泌物をシリンジで除去する
  5. 吸引器のスイッチを入れ、吸引圧の設定を行う
    • 成人の場合、150~200mmHgに調整する
  6. 吸引管の入り口を指で塞ぎ、吸引圧がかかるか確認する
  7. 吸引管と閉鎖式吸引カテーテルを接続する
  8. コントロールバルブを180°回転し、ロックを解除する
  9. コントロールバルブを押して、吸引圧が正常にかかることを確認する
  10. 気管カテーテルの接続部と気管チューブをしっかりと持つ
    • 気管チューブを押し込むと、挿入位置が変わってしまうため
  11. 気管チューブの長さを考えながら、気管カテーテルを静かに挿入する
    • 目安としては、カテーテルと気管チューブの目盛りが一致した部位から2~3cm先まで
  12. カテーテルの接続部と気管チューブを支え、コントロールパネルを押し、吸引圧をかけた状態のまま、所定の位置に黒いマーカーがくるまで引き抜く
  13.  患者の呼吸状態を観察しながら、吸引圧をかけた状態のまま指先でカテーテルを回転させつつ、短時間で吸引する(一回につき10秒以内が目安)

アセスメント

  • 吸引ポート付きの場合、カフ圧が低下していると気道壁とカフに隙間が生じ、カフ上部に溜まった分泌物が気管に流入する危険があるため、カフ圧の管理も行う必要がある

カフ圧の調整

  • パイロットバルーンにシリンジ・延長チューブをつけたカフ圧計を接続する際、カフ内の空気が抜けないよう三方活栓は閉じておく
  • カフ圧計をシリンジであらかじる設定圧よりもやや高めの圧(約30cmH2O)になるよう調整後、三方活栓を開放し、再度30cmH2Oに設定する
  • 三方活栓を閉じた後、手早く接続を外す
やや高めの圧にあらかじめ設定しておくと、接続を外すときに空気が漏出しても適切な圧を保つことができる
  • 圧の調整はカフ圧計だけでも可能だが、シリンジを併用することで微調整ができる
吸引カテーテル挿入の際、バルブを押して吸引圧をかけたままが望ましいが、やや高度な技術を要し、手技として手間取るため患者の苦痛が増強する恐れがあるため、挿入時に圧をかけるか否かはあくまでも患者の安全・安楽を最優先する
  • 成人の場合、吸引圧は20~26kPa(約150~200mmHg)に設定する

吸引前

  • 以下のような視点で吸引の必要性についてアセスメントを行う

視診

  • 換気量の低下や気道内圧上昇など、痰の存在をあらわすモニター変化や症状があるか
  • 気管カニューレ(チューブ)に分泌物があるか
  • 浅速呼吸、呼吸数増加がみられるか

触診

  • ガスの移動に伴い、振動が伝わるか

聴診

  • 副雑音の聴診、呼吸数の低下が認められるか

経皮的酸素飽和度

  • SpO2の下降がある
病室の温度が低下していることや、脱水傾向が生じている場合などは痰が喀出しにくい誘因となるため、事前にこれらの改善を試みるような排痰援助も検討する
加湿・加温が十分な場合、回路内の結露や呼気時のチューブの曇りが認められるので、気道の加湿・加温状態も観察し、痰が吸引しやすいかどうかを判断する

吸引後

    • 痰の性状と量、呼吸パターン、呼吸回数、SpO2、モニターの変化を観察し、呼吸状態、循環動態の異常の有無を確認する
    • 再吸引の必要性について再度アセスメントを行い、必要時は呼吸や循環が十分に回復したことを確認してから施行する
    • 痰の性状や量、呼吸状態の変化の有無など、観察したことを記録として残す

注意点

  • 吸引圧が高すぎる場合、気道粘膜損傷の原因となるので注意する
  • 分泌物が十分に引けない場合、安易に吸引圧を上げることは低酸素血症、無気肺、気道粘膜の損傷を引き起こすので避ける
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!