緩和ケアの実際 1 疼痛コントロール

緩和ケアの実際 1 疼痛コントロール【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 緩和ケアにおける疼痛コントロールについて理解を深め、適切なケアを行う

がんで疼痛が起こる理由

がんの進行に伴う痛み

  • 内臓器官へのがん浸潤
  • がん組織による血管閉塞や末梢神経浸潤
  • 骨転移・脳内転移
  • 白血病による全身への出血

がんの治療に関連した痛み

  • 手術
  • 手術に関連した神経損傷
  • 放射線治療後の副作用
  • 化学療法によって生じるニューロパチー

全身衰弱に伴う痛み

  • 褥創
  • 便秘による腹痛
  • 口内炎
  • 直腸の痙攣

がんと無関係な痛み

  • 片頭痛
  • ヘルニア
  • 帯状疱疹痛
  • リウマチなど
    がん患者には、帯状疱疹痛の発生率が高いといわれている

疼痛の閾値を下げる因子

  • 「痛みの閾値を下げる」因子とは、痛みを感じやすくさせる因子のこと
    • 疲労、不眠、倦怠
    • 恐怖や不安
    • 不快感
    • 怒り、悲しみ
    • 抑うつ、孤独感
    • 社会的地位の喪失

疼痛の閾値を上げる因子

  • 「痛みの閾値を上げる」因子とは、痛みを感じにくくさせる因子のこと
    • 鎮痛薬、抗不安薬、抗うつ薬などの薬剤
    • 痛み以外の症状や緊張緩和
    • 不安の除去
    • 十分な睡眠
    • 痛みに対する理解
    • 創造的な活動
    • 人とのふれあい
    • 気分の高揚

観察項目

傾聴と把握

  • 患者の訴えに十分に耳を傾け、痛みの程度や、その時の気持ち、経過などを把握する
    • いつから痛むのか
    • どれくらい痛むのか(体動をしない状態でも痛むのか、眠れないほどの痛みか)
    • 痛みの性質:「痛みが走る」「鈍痛」「焼けるような」「刺すような」など

ケア項目

適切な薬剤の選択

  • アセトアミノフェン、NSAIDsなどの非オピオイド系薬剤使用後は適切な評価を行う
    • 十分な効果が認められない場合は、強オピオイド、抗うつ薬、ステロイド薬、抗痙攣薬などの鎮痛補助剤を、状態に合わせて使用する
  • 体動時に痛みが増強する場合は、体動を行う前に鎮痛薬を投与し、評価する
  • 保清時や食事時の痛みの程度を確認し、適宜鎮痛剤を使用する
強オピオイドの使用時は排便状態の観察を十分に行い、2~3日間排便が見られなければ便処置を行う

睡眠の援助

  • 夜間、十分な睡眠がとれるよう環境調整を行う

精神的苦痛の緩和

  • コミュニケーションを図ることで、精神的な苦痛の緩和を図る
  • マッサージなどを行い安心感を与える

鎮痛剤の変更

  • 痛みが強く、内服が困難な場合
    • CSI(持続皮下注射)で注射薬を投与し、早急に疼痛緩和を図る
  • 悪心・眠気・便秘などの重篤な副作用が見られた場合は、オピオイドを変更する

アセスメント

  • 患者が感じている疼痛の原因は、ケアで取り除くことが可能であるか
  • 痛みの原因を、身体的苦痛だけでなく「精神的疼痛」「社会的疼痛」「スピリチュアルペイン」などの側面から捉えられているか
  • 痛みの評価は適切に行われているか
  • ケア実施後に疼痛は改善したか
  • 疼痛緩和のアプローチにより、QOLは向上しているか
どの病期においてもがん性痛は起こりうるが、末期がん患者の約7割は主症状として痛みの自覚がある
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!