呼吸リハビリテーションの実践 2 運動療法メニュー例

呼吸リハビリテーションの実践 2 運動療法メニュー例【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 運動療法メニューについて理解を深め、適切なケアを行う

概要

  • 呼吸リハビリテーションに関連する運動療法は、以下の3つの構成要素からなる
    • コンディショニング
    • ADLトレーニング
    • 全身持久力・筋力トレーニング

病期に対する比重と主な方法

  • 運動療法プログラムの検討では、患者の呼吸機能、ADL、運動耐容能を含めた重症度などを総合的に判断することが必要である
  • 軽症であるほど、持久力・筋力トレーニングの比重を大きくし、状況を見ながら負担を徐々に増やす
  • ADLトレーニングでは応用的な動作を適宜加えていく
  • 重症の場合は、基礎的なADLトレーニングやコンディショニングの比重を大きくする

安定期

  • 軽症
    • コンディショニングからスタートし、同程度のADLトレーニングを行う
    • その後、全身持久力・筋力トレーニングを中心に行う
  • 中等度
    • コンディショニングからスタートし、同程度のADLトレーニングを行う
    • その後に全身持久力・筋力トレーニングを行うが、軽症の場合と比較し、全身持久力・筋力トレーニングの割合が少なくなるように調整する
  • 重症
    • 呼吸パターンの修正などを中心としたコンディショニングと、基本的なADLトレーニングを行う
    • その後に低負荷な全身持久力・筋力トレーニングを行う
重症度があがるほど、コンディショニング+ADLトレーニングの比重を多くする

急性期・回復期

  • 軽症
    • コンディショニングを十分に行うことからスタートする
    • その後、ADLトレーニングと、低負荷な全身持久力・筋力トレーニングを組み合わせて行う
  • 重症
    • コンディショニングに重点を置いてスタートする
    • その後、状況を見て、ADLトレーニングと低負荷な全身持久力・筋力トレーニングを行う
人工呼吸器での管理が必要な重症例の場合、呼吸練習や排痰支援、ベッド上での四肢自動・他動運動などのコンディショニングから行う
早期離床に向け、状況に応じて起居や移乗動作なども検討する

術後回復期

  • 軽症
    • コンディショニングとADLトレーニングからスタートする
    • その後に全身持久力・筋力トレーニングを行うが、軽症であるほどその比重を高くする
  • 重症
    • ADLトレーニング<全身持久力・筋力トレーニング<コンディショニング
対象となるのは、喉頭頭部、胸部、腹部の術後患者
  • 軽症であるほど、離床を積極的に進める
  • 重症例の場合、排痰や深呼吸の練習などのコンディショニングから開始する
  • その後のプログラムは、疼痛の有無や強さ、体位制限に合わせて構成する

コンディショニング

  • リラクセーション
    • 安楽な体位、呼吸筋マッサージ
  •  呼吸介助
    • 呼吸介助法(介助者の手で患者の胸を押して、呼吸を助ける方法)
  • 呼吸訓練
    • 腹式呼吸
    • 口すぼめ呼吸
  • 排痰法
    • 排痰手技(スクイージング、呼吸介助など)
    • 体位変換法
  • 胸郭可動域訓練
    • 徒手胸郭伸長法(胸郭の捻転、胸郭の側屈、シルベスター法など)
    • 肋間筋のストレッチ
全身持久力・筋力トレーニングの前段階としてコンディショニングは身体づくりの基本的なメニューであり、多くの理学療法が含まれている

ADLトレーニング

  • 基本的な動作能力の訓練
    • 起居動作:ベッドでの起き上がり、座位、立ち上がりなど
    • 移動操作:歩行、階段昇降など
ADLの工夫、環境改善なども必要となる

全身持久力・筋力トレーニング

  • 負荷が低いものから順に
    • 平地(廊下など)歩行
    • 階段昇降
    • エルゴメーター、トレッドミル
    • 弾性バンドやダンベルを用いた筋力トレーニング
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!