COPDの治療 4 酸素療法

COPDの治療 4 酸素療法【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • COPDの治療(酸素療法)について理解を深め、適切なケアを行う

酸素療法とは

  • 何らかの原因により、酸素の供給が不十分となり、さまざまな病態を呈するようになった状態を低酸素症という
  • 酸素療法とは、適量の酸素を投与することで、低酸素症に対して吸入気の酸素濃度 (FIO2)を高める治療法のこと
  • 肺機能の低下に伴い、低酸素血症や重度の慢性呼吸不全を呈している患者に酸素療法を行うことで、症状の悪化を予防できる
  • 在宅も含め、長期間にわたって酸素療法を行うことをLTOT(LongTermOxygenTtherapy)といい、特に在宅で行うことをHOT(HomeOxygenTherapy)という

COPDと酸素療法

  • 日本ではCOPD 患者の48%が在宅酸素療法を含む長期酸素療法(LTOT、HOT)を行っている
  • 長期HOT(1日15時間以上)は、COPD患者の生存率を改善する

慢性呼吸不全に対するLTOT の適用

  • PaO2 ≤ 55Torr 以下の場合
  • PaO2 ≤ 60Torr 以下だが、睡眠時あるいは運動負荷をかけた時に、血中酸素濃度が著しく低下(低酸素血症)する場合
  • 医師が長期在宅酸素療法(LTOT)を必要であると認めた場合

在宅酸素療法(HOT)

  • COPDによる低酸素血症が続いている場合、長期に渡りHOT(1日15時間以上)を行うことで、生命予後の改善やQOLの向上が期待できる
  • HOTを行っている場合、低酸素血症の状態を把握するために、パルスオキシメータ-によるSpO2の測定を行う
  • HOTの施行中に高二酸化炭素血症を併発した場合は、NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)など、他の治療方法の導入についても検討する

アセスメント

  • 酸素療法に対する患者や家族の理解力を確認できているか
  • 在宅酸素療法を行うにあたり、操作方法や注意点について患者・家族が理解しているか
  • パルスオキシメーターにて、SpO2のモニタリングを行い、低酸素血症の状態を評価しているか
  • 高濃度の酸素吸入に伴う、CO2ナルコーシスの出現を理解しているか
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!