ICU看護 呼吸 2 呼吸とガス交換

ICU看護 呼吸 2 呼吸とガス交換【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 呼吸とガス交換について理解を深め、適切なケアを行う

呼吸とは

  • 外界から取り入れた酸素を身体全体の組織へと運搬する
  • 代謝によって生じた二酸化炭素を体外へ排出する
  • この2つを合わせて、呼吸とよぶ
外呼吸か内呼吸、どちらかの呼吸が傷害された場合、呼吸不全が生じる

外呼吸

  • 大気と肺胞気との空気のやりとりで、ガスの移動が行われる

内呼吸

  • 肺胞気-肺毛細血管血液間にて、酸素と二酸化炭素の交換が行われる

肺で行われるガス交換

  • 酸素は肺胞内ガスから絶え間なく血液中へと拡散し、二酸化炭素は血液中から肺胞内へと排出する
  • 仮に21%の空気が体内に取り込まれた場合、肺胞における酸素分圧は約100mmHgだが、肺胞気の分圧と同等になるまで肺毛細血管内に拡散されるため10%程度の高低差がある
肺胞気動脈血酸素分圧較差(A-aDO2)=肺胞-動脈血酸素分圧較差
  • 血液中に酸素が入ると動脈血となり、各組織へと運ばれた後、酸素を細胞に供給する
  • 細胞に酸素が供給された後は、二酸化炭素を受け取り、静脈血となって肺へと戻る
PvO2(静脈血酸素分圧)=40mmHg、PvCO2=46mmHg程度
  • 肺毛細血管から肺胞へと拡散されるCO2の拡散速度は酸素と比較すると約20倍である

換気量と肺胞換気量

死腔量145mlの場合の肺胞換気量

  • 呼吸回数 20回/分、1回換気量300ml(速くて浅い呼吸)

(300-145)×20=3100ml(3.1ℓ/分)

  • 呼吸回数 10回/分、1回換気量600ml(遅くて深い呼吸)

(600-145)×10=4550ml(≒4.6ℓ/分)

  • どちらの場合も分時換気量は6ℓだが、肺胞の換気量(死腔を除く)は異なる
遅くて深い呼吸の方が、換気量が同じでも肺胞換気量は大きい

 

ナースハッピーライフの看護技術がついに本になりました!詳しい内容は、書籍紹介ページをご覧ください。kangogijutu_sita1080_150_7

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!