肺炎の基礎 14 細菌性肺炎の原因菌による違い

肺炎の基礎 14 細菌性肺炎の原因菌による違い【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 細菌性肺炎の原因菌による違いについて理解を深め、適切なケアを行う

肺炎球菌

菌の特徴

形態・性状

  • グラム陽性球菌
  • 好気性
  • 双球状

生息場所

  • 鼻咽喉

特徴的な症状・所見

  • 上気道炎が起こる
  • 続いて高熱(悪寒・旋律)が起こる
  • 鉄さび色の排痰を生じる

上記の過程を経て、髄膜炎、関節炎、菌血症などを発症し、重症化する

対応する抗菌薬

  • 第一選択はペニシリンG、アンピシリン(広域ペニシリン)である
  • 髄膜炎合併症例では、バンコマイシンやカルバペネム系などを使用する
  • ペニシリン低感受性肺炎球菌(PISP)の治療としてペニシリンG、アンピシリンの薬剤を高用量で使用することが望ましい
近年、ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)が原因で起こる肺炎は非常に稀である

黄色ブドウ球菌

菌の特徴

形態・性状

  • グラム陽性菌
  • 通性嫌気性
  • ブドウの房のように複数の菌体が固まって存在する

生息場所

  • ヒトの鼻腔・皮膚・腸管
  • 自然環境に常在

特徴的な症状・所見

  • 気管支肺炎により、肺組織の破壊が起こる
  • その結果、膿胸や肺膿瘍を併発しやすい

対応する抗菌薬

  • 第一選択として第一・第二世代セフェム系
  • MRSAに対してはバンコマイシンなどを使用

インフルエンザ菌

菌の特徴

形態・性状

  • グラム陰性桿菌
  • 好気性
  • 楕円形

生息場所

  • 鼻咽喉

特徴的な症状・所見

  • 小児に多い
  • 鼻粘膜損傷による鼻咽頭炎から起こる
  • 菌が鼻咽頭で増殖し、
    • 肺炎
    • 中耳炎
    • 副鼻腔炎
    • 髄膜炎        などを起こす
  • 慢性呼吸器疾患による急性増悪を引き起こす

対応する抗菌薬

  • 第一選択として、β-ラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン、ニューキノロン系、第三世代セフェム系
アンビシリン耐性菌が全体の約40%を占める

 

クレブシエラ(肺炎桿菌)

菌の特徴

形態・性状

  • グラム陰性桿菌
  • 通性嫌気性
  • 楕円形

生息場所

  • 口腔・腸管

特徴的な症状・所見

  • 一時性肺炎(重篤で急激に発症)
    • 喫煙家や糖尿病患者、大酒家が誤嚥を起こすことにより起こることが多い
  • 二次性肺炎
    • ペニシリンの長期投与による菌交代現象により増殖

対応する抗菌薬

  • 第一選択として第二代セフェム系
  • ニューキロノン系、カルバペネム系も有効

緑膿菌

菌の特徴

形態・性状

  • グラム陰性桿菌
  • 好気性
  • 楕円形

生息場所

  • ヒトや動物の腸管内(常在している)
  • 水回りなどの環境下

特徴的な症状・所見

  • 易感染性患者に対する日和見感染の代表菌
  • 特徴的な膿や緑色の喀痰を伴う
  • 気管支肺炎により、気管支肺炎像が認められ、徐々に組織が破壊される
  • その結果、膿胸や肺膿瘍を罹患しやすい  ←「黄色ブドウ球菌」の項を参照

対応する抗菌薬

  • 基本的には抗緑膿菌に活性を有する抗菌薬などの多剤併用療法が行われる

多剤併用療法

  • ニューキノロン系
  • カルバペネム系
  • 抗緑膿菌活性を有する薬剤
    • ピペラシリン
    • 第四世代セフェム系
    • β-ラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン
  • これらの薬剤に追加し、
    • アミノグレコシド系

アセスメント

  • 細菌性肺炎とは何かを理解しているか
  • 細菌性肺炎の治療法について理解しているか
  • 各細菌の特性を理解しているか
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!