人工呼吸器装着患者へのケア 2 清拭のポイント

人工呼吸器装着患者へのケア 2 清拭のポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 人工呼吸器装着患者への清拭を、安全に行うことができる

 

清拭を行う時のポイント

立ち位置

  • 立ち位置は、新人が人工呼吸器と対側、先輩が同側に立つ
    • 患者の身体を動かすと、咳嗽が促されて期間吸引が必要となることもある
    • 抑制帯を外すことで、予定外抜去のリスクが高くなる。
 人工呼吸器のアラームが鳴った際にすぐに対応できるよう、経験者が人工呼吸器側に立ち、新人はその対側に立つようにする

 

顔の清拭やチューブ周りは先輩に任せる

  • 顔の清拭は人工呼吸器の回路外れや固定テープが緩む原因となりやすい
    • 顔の清拭やチューブ周りの清拭は、経験者へ任せる方が安全性が高い
    • 経験が浅いうちは気管チューブから離れた位置の清拭を行う

 

抑制帯を使用している場合

  • 抑制部分を清拭するときに解除する
  • 予定外抜去とならないよう、抑制帯は清拭時のみ外し、清拭後は確実に再装着する
  • 抑制帯を外していることを、一緒にケアを行っている看護師(先輩)に伝え、情報は共有する

体位を変更するとき

  • 患者を、仰臥位から側臥位へ変えるとき
    • 先輩:チューブ類を把持する
    • 新人:体位調整を行う
背部清拭時は予定外抜去のリスクが高くなる。

 

  • 体位に禁忌がなければ、回路が引っ張られて予定外抜去とならないように人工呼吸器側に向きを変えるのが基本。
  • 側臥位時は最も咳嗽などの変化が起こりやすいため、常に患者の顔や人工呼吸器のパネル、モニターを確認する
  • 背部の皮膚観察はこの時に行う
新人が清拭をするときは、焦らなくても良いが、患者の負担を減らすよう短時間で終わらせられるようにすると良い

 

  • 清拭後は乾タオルで水分を拭きとる
    • 拭いた後の水分が皮膚に残ると室温で冷やされて体温を奪ってしまう
    • その結果、代謝を亢進させることにつながる
    • 患者に不快な思いをさせてしまうリスクがある
人工呼吸器装着患者は特に代謝の亢進が状態を容易に変動させため、ケアによる侵襲を少しでも減らせるように工夫が必要

 

観察項目

  • 清拭終了後に以下の項目を観察する
    • 挿管チューブが指示の長さまで挿入されているか
    • 固定に緩みは無いか
    • 人工呼吸器は正しく設定されているか
    • 必要に応じて、抑制はきちんとなされているかなど
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!