人工呼吸器の構造 4 人工鼻

人工呼吸器の構造 4 人工鼻【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 人工鼻の構造や役割を知ることができる
  • 人工鼻を使用するケースを想定し、適切に準備することができる

 

人工鼻とは何か

  • 人工呼吸器から挿管チューブ(マスク)までの間に接続する
  • 中には特殊なフィルターが埋め込まれているタイプのものがある
  • 患者の呼気中に含まれる熱や蒸気を、人工鼻の中に一時的に蓄え、次の吸気に乗せて医療ガスを加温、加湿する
  • 加温加湿器の代用として用いることができる
加温加湿器を使用する場合に比べて回路の接続が少なくなり、余剰な結露が発生しにくいという利点がある
  • 加温加湿器より簡便であるため、短期間の使用や搬送に用いられる
  • 人工鼻使用時は、回路内に結露ができないため、ウォータートラップが不要
    • ウォータートラップ接続によるエアー漏れなどのトラブルが回避できる
    • ウォータートラップに溜まった水を、定期的に廃棄する手間が不要

 

準備するときの注意点

  • 人工鼻は、患者の呼気内に含まれる熱と蒸気を利用するため、患者の状態によっては、加温・加湿が不足する場合がある
  •  人工鼻を使用できないのは、以下の通り
    • 気道分泌物が多い時(人工鼻が目詰まりする)
    • 気道出血がある時(人工鼻が目詰まりする)
    • 体温が32度以下の時(充分な加温・加湿ができない)
    • 高度の低換気があるとき
    • ネブライザー使用時(フィルタ―が薬液を吸着し、目詰まりする)
    • 加温加湿器を使用する時(併用しない)
人工鼻と加温加湿器やネブライザなどを併用すると、人工鼻が過度に吸湿(水蒸気を吸着すること)したしまい、人工鼻が閉塞するため、患者の換気が困難となる恐れがあるため、併用は禁忌
気道分泌物などの粘液で人工鼻が濡れると、気道抵抗となったり窒息するリスクがあるため、分泌物が人工鼻近くまで上がってくるような場合は使用の中止を検討する必要がある
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!