人工呼吸器トラブル 1 バッキング

人工呼吸器トラブル 1 バッキング【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • バッキングについて理解する
  • バッキングが起きた時、患者への適な対応がとれる

バッキングとは何か

人工呼吸管理中に患者が咳込みだした!

  • バッキングとは患者がせき込みだすことをいう
人にはもともと生体防御反応として備わっている機能であるため、必ずしも異常ではないということを理解しておく
但し、次の場合は原因究明と適切な対処が必要
●深い鎮静効果を維持する治療をしている患者の場合
●本来なら咳嗽反射が無いほど、呼吸障害などが深い場合

 

バッキングの原因

  • バッキングの原因には、以下のようなことがある
    • 気道分泌物の貯留(下記参照)
    • 呼吸器回路内の結露の流れ込み
    • 気道粘膜の乾燥
    • 挿管チューブやカフの違和感、疼痛
    • 不適切な気管チューブの深さ
    • カフトラブル
    • その他

気道分泌物の貯留

  • 分泌物が気道に刺激を与え、分泌物を排除しようとして、咳嗽が発生する(自然な反応)
  • 特に下記のケア後は分泌物の移動による咳嗽が起きやすいため、吸引を準備しておく
    • 体位変換を行った後
    • ドレナージ体位を行った後
    • 離床時の経過中
これらのケアを行った後は末梢の分泌物が重力や絨毛の動きとガスの流れによって上気道側へ移動してくるため、分泌物が増える

 

挿管チューブやカフの違和感、疼痛

  • 挿管チューブが気管支を刺激することによって、咳嗽が発生する(自然な反応)
    • 首を動かした時
    • 挿管チューブの位置のずれ
    • 挿管チューブに対する違和感
気管内に異物が入っているため、そのこと自体が違和感となる

 

咳嗽が湿性であるか、乾性であるかを観察し、乾性であれば、吸引を行わなくても治まることが多い

 

バッキング時の対応方法

  • バッキング時はその原因に応じて下記の対応を進めていく。
    • バッグバルブマスクなどを使用して用手換気に切り替える
    • 患者の呼吸状態を安定させる
    • 呼吸が落ち着いたところで人工呼吸器を装着する
    • 気管分泌物の吸引、カフ圧の調整、呼吸器回路内の結露除去などを行う
    • 人工呼吸器の設定が患者の呼吸状態にあっているかを確認する
      • 場合によっては設定を変更する
    • 患者の鎮静、鎮痛、精神状態を確認する
      • 場合によっては鎮痛剤、鎮静剤の使用を検討する
    • 挿管チューブのカフトラブルの有無を確認し、必要に応じて挿管チューブの交換を行う
尚、バッキング時の対応の中には医師の指示及び医師の手技でなければ施行できないものもあるため、医師への報連相を行い、指示を仰ぐ

アセスメント

  • 観察により、バッキングの原因を把握することができたか
  • 先輩看護師や医師に報告し、患者の状況に応じた適切なケアが出来たか
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!