オープン病院

オープン病院【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

おーぷんびょういん

用語の意味

オープン病院とは、地域医療を拡充させる方法のひとつとして、中核となる大規模病院と地域の診療所や医院が登録契約を結び、オープンシステム規約に即して病床を登録医に開放している病院のことです。オープンシステム(開放型)病院とも呼ばれています。

オープン病院として運営するためには、都道府県知事に「開放型病院」として届け出て、一定の基準を満たしていると認められなければなりません。その条件として

  1. 地域の20以上の診療所の医師が登録していること(登録医)。
  2. 開放病床(オープンベッド)が5床以上あること。

が必要です。
登録契約を結んだ地域の医院、診療所は登録医として患者に手術や専門的な医療が必要となった場合にはオープン病院に設けられている開放病床(オープンベッド)を患者の入院療養のために利用することができます。

登録医の患者をオープン病院に入院させた場合、登録医自らが主治医となることもできますが、病院スタッフとの関係や治療上の責任の問題などから、オープン病院側の医師が主治医となり、登録医が副主治医となる場合がほとんどです。
このように、患者のかかりつけ医とオープン病院の医師とか連携して行う診療形態を共同指導といいます。

本来、このオープンシステムはアメリカにおいて専門的な治療設備をもたない開業医師が、オープン病院との契約によって自らの患者を入院させ、手術の際などは執刀医として治療の責任や主導権をもつという仕組みです。しかし、わが国では入院中の患者の診療責任をオープン病院側がもち、病院主導で診療が行われるという点では違いがあります。

患者にとっては、かかりつけ医とオープン病院とが病診連携を密にすることで包括的で一貫性のある診療をうけることができるというメリットがあり、病院側も施設を開放することによって医師や看護師などのスタッフの生涯教育や医療技術の向上を手助けすることにもつながります。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

オープン病院(開放型病院)は勤務医だけではなく、地域にいる医師も参加する方式の病院と言われていますね。
オープン病院に病院外の医師が登録すると、自分の患者をその病院に入院させることが出来、なお且つ主治医になることも出来るようですね。
これから地域医療が主体になってくる医療業界では画期的な方式と言えるかもしれません。

患者にとっては一環した医療というのはとてもデカイ!!
オープン病院はまだ全国規模では浸透しきれていませんから実際の口コミによる評判はまだ解っていませんが、これから地域医療が主体となってくる日が近いですからこの方式がもっと拡充していくのではないでしょうか。

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
看護師スキルアップ資格はこちら↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップはこちら↓
総合トップに戻る