いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、531トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

体位固定(安楽な体位)

体位固定(安楽な体位)【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 筋肉・関節に負担がかからないように安楽な体位をとることで、二次的合併症を防ぐ

必要物品・準備

  • タオル・小枕(必要時)

方法

全体位共通

  • シーツ・カバー類に湿潤があれば、速やかに交換する
  • 体位変換あるいは処置時、しわを作らないようにする
  • 1~2時間置きに体位変換を施行する
  • 褥瘡発生の危険性が高い患者の場合、予防的に体圧分散器具を使用する
  • 褥瘡や肺合併症のリスクが高い場合は、体位変換の回数を増やす

仰臥位

  • 筋緊張も少なく、基底面積が広く安定している
  • 長時間の臥床により、腰痛・背部痛あるいは褥瘡、尖足などが起こりやすい
  • 必要時、タオルや小枕を用いて上肢を適切な位置に調節する
  • 尖足予防のため、筋力訓練や関節可動域訓練を施行する
  • 腰痛軽減目的あるいは腹筋を緩めるため、股間を適度に開き、膝を適度に屈曲させる
  • 外旋防止のため、必要に応じて砂嚢やバスタオルを巻いたものを使用する

側臥位 

  • 基底面積が小さく、安定性に欠ける
  • 内臓への影響も大きいため、枕を挿入したり、四肢の位置の工夫が必要である
  • 麻痺がある場合、基本的に麻痺側を上にし、枕などを使用し、体位を整える
  • 股関節や膝関節を無理なく屈曲させ、安定感を保つ
  • 上側に位置する上肢は肩を前方に突き出す形を維持する
  • 患者の顔の前方に下側に位置する上肢を置き、圧迫を避ける
  • 上側に位置する下肢は、内転しないよう両下肢の間に安楽枕を入れる

ファウラー位・坐位 

  • 横隔膜や内臓が下降するので呼吸がしやすいため、長期臥床患者や、行動拡大のステップとして積極的にこの体位を活用するとよい
  • 長時間、同一部位(坐骨結節部など)が圧迫されることで褥瘡ができる可能性があるので適宜、体位分散をはかる
  • 身体のずり落ちに注意し、適宜、元の位置に戻す
  • 麻痺がある場合は時間の経過と共に傾いてくるので、バスタオルなどを用いて支える
  • 麻痺側の手が肘より下にあると末梢に浮腫が起こるため、枕などを掌の下に置く

アセスメント

  • 患者にとって、安楽な体位を保持できているかどうかを確認する
  • 長期臥床や麻痺などで拘縮を起こす可能性がある場合でも、支障を残さぬよう、良肢位を保持する

良肢位の角度

  • 肩関節外転10~30度
  • 肘関節屈曲90度
  • 手関節背屈20~30度
  • 股関節屈曲10~30度
  • 内旋・外旋中間位外転10~15度
  • 膝関節屈曲10~20度
  • 足関節・底屈0度  
このページを友達に教える

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
ナースではたらこ 詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!