再生医療

再生医療【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

さいせいいりょう

用語の意味

再生医療とは、事故や病気によって失われた身体の臓器や組織の再生、機能の回復を目的とした医療です。広い意味での再生医療には、リハビリテーションや義手、義足、人工関節、または皮膚や骨髄、臓器の移植なども含まれます。

しかし、細胞移植による治療には、ドナー(臓器提供者)の不足や臓器移植後の拒絶反応など様々な課題が残されていました。これらの課題に対して、近年は最先端医療として、世界で新たな再生医療の研究が進められています。そのひとつとして注目を集めているのが、幹細胞移植という再生医療の方法です。胚性幹細胞(ES細胞)は万能細胞とも呼ばれ、身体のほとんどの細胞に分化できることが明らかとなりました。幹細胞の研究によって、失われた臓器や細胞を本人の細胞を使って再生させたり、機能を回復させることができるようになれば、免疫的な拒絶反応や倫理上の問題も克服することができます。

わが国でも2000年以降、患者の血管細胞と人工材料でつくった再生血管移植手術や骨髄細胞の培養による皮膚の再生などが行なわれ、東京医科歯科大学などが共同で骨髄細胞からのあごの骨の再生という臨床試験も実施されました。さらに、2007年には、京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授らが、人の皮膚細胞から万能細胞のひとつである人工多機能性幹細胞(iPS細胞)を生成することに成功しました。このiPS細胞は、ほぼ無限に増殖して人間の神経、筋肉、骨などあらゆる臓器や組織の細胞に変わることが可能で、新たな再生医療として世界中から注目されています。

また、幹細胞による再生医療は美容外科の分野でも応用されており、皮下脂肪組織に存在する体性幹細胞の移植による豊胸術やアンチエイジング療法、乳房再建などが効果や安全性の高い医療として提供されています。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!