医師とのディスカッションも頻繁!?アメリカの看護師の特徴

a1180_008583

海外の看護師市場については別の記事でも触れていますが、実際に各国での状況はどのようになっているのでしょうか?

同じ看護師でも国や文化が変わるとその労働環境も大きく変わります。
権限と責任、そして職務規定が明確に労働契約に明記されることも当たり前の風景だと言えるかもしれません。

ここでは普段触れることの少ないアメリカの看護師の現状をご紹介します。

アメリカの看護師は細かく分類されている

日本と比べ、看護師の職位が細かく規定されているのがアメリカの特徴です。

看護師の職位とその種類

RN(Registered Nurse)は州の試験に合格した公認の登録看護師で、日本では正看護師に相当します。LPN(Licensed Practical Nurse)は准看護師、CNA(Certified Nursing Assistant)は看護助手に相当します。

そして、更に上級の看護職であるNP(Nurse Practitioner)、専門看護師であるCNS(Clinical Nurse Specialist)や麻酔看護師のCRNA(Certified Registered Nurse Anesthetist)、高度実践看護師のACN(Advanced Clinical Nurse)が存在するのです。
それぞれ最低大学院修士課程を修了後、臨床実践を加えて上級認定を得ます。

このようにアメリカでは一口に看護師といっても非常に細かく分類されていて、求められる能力や待遇も大きく違っています。

ナース・プラクティショナー(NP)って?

看護師として一定以上の職務経験を積んだ後、専門職大学院で必要な学位を取得、試験に合格することによりようやくNPの資格を得ることができます。

全ての州で認められている、女性の健康・小児・高齢者・精神・急性期の5つの他、救急、家族、新生児などを専門とし、一定レベルの診断・治療等を行うことが許されていて、臨床医と看護師の中間職といえます。

ちなみに、この職種は日本で現在検討されている特定看護師にあたります。

アメリカでは、全50州がNPによる医療行為を認めていて、初期症状の診断や薬剤の処方・投薬を行う事が可能です。ただし、外科手術を行うことはできません。
州によっては、まるで医師の様にNP自らが病院を開業することも可能です。

アメリカの看護師は医師と対等に議論するって本当?!

上記のように、看護師といってもアメリカでは日本の看護師環境と大きく状況が異なります。

アメリカではNPともなると地位が高く、それぞれが高い専門知識を持ってますので、医師とのディスカッションも頻繁行われているという訳です。

日本では医師法によって、医師以外が診断や薬剤の処方・投薬などを行うことが認めてられていませんので、NPに相当する職種は存在しないのが現状です。

しかし、NPの養成に向けた大学院教育の推進、NPの教育標準化や制度化に向けた活動が日本NP協議会によって行なわれています。

日本でも、アメリカと同じように看護師が医師と対等に議論する日が、そう遠くない未来に訪れるかも知れません。
まずはしっかりと日ごろの業務を行い、スキルアップや知識の吸収を怠らない事が大事です。

※関連記事

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!