うつ状態になり、退職してしまった新人看護師です

のりさん (女性) からのお悩み

こんにちは。

2年前に看護学生の頃から実習させて頂いていた病院に就職しました。

しかし超急性期病院で全体的にいつも忙しくピリピリした中、先輩にうまく相談することもできず、先輩が面倒を見てくださっても自分はできない、勉強しても次の勤務の時にまた失敗し、「なんで?前教えたよね?」と先輩に言わせてしまう要領も努力も足りない人間でした。

コミュニケーションはとれるのですが、相談する・教えてもらうという行為が重要であることは理解してますが、子供のようですが怒られる、罵られる、お前は必要じゃないと言われるとう思考が先行してしまいがちです。

食事もうまく取れないまま働いた結果、無責任にも倒れ、極度のうつ状態といわれ約半年で退職し、精神科とカウンセリングに通ってます。

でも本当に苦しんでなるうつ病ではなく症状だけなのに、今も就職を考えると呼吸が辛くなり思考が停止しそうな自分が情けないです。

カウンセラーや家族には、再就職は看護師じゃない職を探した方がいいかもしれないといわれました。

主治医にはパート勤務や診療所とかがいいのではと言われました。

別の精神科医には看護資格とったなら、勿体無いから看護師として再就職すべきだと言われました。

こんなに短い、経験と呼ぶのも烏滸がましい状態で、かつ優れたところが何もない、しかも看護師資格を私からとったら本当になにも持ってない人間を雇ってもらえる場所があるのか。

でも働いてない家事しかしない、穀潰しみたいな状況が苦しいです。

椿(ツバキ)からの回答

一旦しっかりと休んでから次の就職を考えましょう

看護師・椿(つばき)

お返事がかなり遅くなってしまい、大変申し訳ありません。お悩みをいただいてから、時間がかなりたってしまっていますが、その後状況はいかがでしょうか?

 

1.まずはしっかり休んでうつ状態を治すべき

お悩みを拝見する限り、のりさんが就職した先での人間関係や仕事は、さぞ大変だったと思います。

本当にお疲れ様でした。

 

今ののりさんは、ゆっくりと休養を取るべき時期

のりさんの中には、看護師であれ、ほかの職種であれ、早く働きたいという気持ちがあるかと思います。

しかし、「うつ状態」は、正常ではない状態なのです。

のりさんは「本当に苦しんでなるうつ病ではなく症状だけ」と仰っていますが、これが長く続くと、本当にうつ病を発症します。

 

悪循環を断つ

今の状態のままでは、看護師だろうとほかの職業であろうと、再び体調を崩し、退職することになるのではないですか?

さらに「自分を責める」という、悪循環に陥ることだって十分に考えられます。

そうなってしまうと、きっとのりさんの性格上、また辞めてしまったと自分を責め、うつ状態がさらに悪化し、今度は本当のうつ病になりかねない。椿はそれが1番心配です。

お悩みの中にありました別の精神科医の話は、一旦聞こえなかったことにしましょう。(精神科分野のプロとしてそのアドバイスはいかがなものか、と椿は思います。)

 

2.十分に休んでから、再就職について考えよう

しっかりと休んで、うつ状態が改善したと主治医が判断した段階から、再就職について考えましょう。

もちろん、看護師ではなく一般企業に勤めるという選択肢もよいかと思います。

ただ、のりさんの場合、本当の意味での「看護のすばらしさ」を知るよりも前に、看護の世界を離れてしまったことになるのかと思います。

ですので、椿としてはせっかく看護師資格を取得し、一度は看護の世界に飛び込んだわけですから、その楽しさ、を知ってほしいなとは思います。

もしも、再び看護師としての道に進んで行きたい、と考えていただけるなら、まだ看護師としての経験も浅いので、まずはじっくりと色々なことが学べるような病院に、就職してみてはいかがでしょうか。

 

まだ看護し続けたいのであれば

急性期病床のあるところでは前回の二の舞になりかねないので、他の病院を探すべきとは思います。

椿的には、看護技術もそれなりに覚えられて、比較的ゆったりとした時間の中で仕事ができる、療養病床や回復期病床がある病院が良いのではないかと思います。

特に複数の病院をもつ病院グループのようなところは、経験が浅くても歓迎してくれるところが多くあります。

就職した病院の中だけではなく、他の病院と合同研修が受けられるようなところもあります。

若い看護師からベテランまで、多世代が働いているのでアットホームで人間関係良好なところが多いので、椿はお勧めします。

逆に経験者優遇であるクリニックや介護施設で働くことは、今ののりさんにはお勧めできません。

もちろん、何度も言いますが違う職業に就くのもありですよ。

でもお悩みを読む限り「まだ看護し続けたいのではないかな?」と椿は思います。

 

3.椿からのアドバイスは2つ

繰り返しになる部分もありますが、ここからはアドバイスです。

2つありますが、1つ目と2つ目は順番にクリアしていってくださいね。

 

1つ目は、ゆっくりと休みましょう

休養に専念して、自分の土台をしっかりと立て直すことが先決です。

のりさんも自分が患者さんだったら、体調のすぐれない看護師に看てもらうとなると、なんとなく気を使っちゃいますよね?

看護という仕事が好きではない看護師、看護の世界を楽しいと思えない看護師に、自分の療養の世話を任せないと思いますか?

少なくとも、椿はそんなのイヤです。

看護という仕事に誇りを持ち、「この仕事が好き!」という看護師に、お世話して頂きたい。これは椿の心の声です。

のりさんのメンタルが回復しないまま働くと、きっと患者さんにも伝わってしまうと思いますよ。

 

2つ目は、再就職について

再就職は、のりさんの体調や心の状態が良くなってから。

もしも看護師として働くならば、急性期よりも、回復期や療養期のようなところがお勧めです。

もちろん、ほかの職業を候補にいれてみてもいいと思いますよ。

看護師の資格を持っているならば、病院でなくても働くところはたくさんあります。

それなりに狭き門な仕事もありますが、のりさんご自身の価値を認めてくれるような仕事は、きっとあるはずです。

看護師としてののりさんではなく、のりさんご自身の価値を、見失わないでくださいね。

 

まとめ

のりさんは一生懸命に周りに応えようとする人ですから、さぞ辛かったでしょうね。

現時点ではゆっくり休養をとってください。

その際に、「働かない自分は穀潰し」などと自分を責めないこと。

周りからは「何もしないから暇そうだと思われているだろう」と変に意識はしないこと。

 

そんな雑音を聞かないようにするためにも、なんとなくでいいので良くなってきた部分を見つけてみてください。

ほんの些細なことでもいいです。

「昨日よりはちょっと気分がいい」「1週間前にくらべるとすっきり眠れるようになった」

など、昨日(過去)と比べて良くなった部分だけを見てみましょう

自分を責めることはたやすいですが、自分を信じることができるもの自分だけです。

長い人生にはこんな期間があってもいいと思いますし、そのおかげで見えることもあると椿は思います。

 

あなたのお悩みを椿に相談してみませんか?

現在、皆様からのお悩みの相談が多くきております。

早く回答を届けるために善処しておりますが、対処できる件数に限りがあり
誠に勝手ながら、現在の体制では十分なご回答が出来ない状況であるため、
一旦、新しいご相談の受付を停止させていただくこととなりました。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

次のお悩み相談の募集開始までにお時間をいただくこと
ご容赦を賜りますようお願いいたします。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE