気道吸引

気道吸引【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 気道分泌物を取り除き、無気肺・肺炎を予防する
  • 呼吸器感染、ガス交換障害、窒息の予防
  • 気道を開存し、ガス交換の環境を提供する

必要物品・準備

  • 吸引カテーテル
  • 吸引器
  • ディスポーザブル手袋
  • ディスポーザブルマスク
  • 水道水
  • 拭き綿

気管内吸引の場合

  • ディスポーザブルカテーテル
  • 滅菌蒸留水
  • 滅菌手袋、または滅菌済の攝子

方法

  1. 吸引の必要性について患者に説明をする
  2. 聴診を行い、分泌物が貯留している位置を確認する
  3. 気道内(気管切開の場合)のカテーテル挿入の長さを決める
  4. 万が一嘔吐した場合、吐物が気道内に入らないようにするため、顔を横に向ける
  5. 吸引器に吸引カテーテルを接続する
  6. 事前に通水を行う(気管内吸引の場合、滅菌精製水を使用する)
  7. カテーテルを挿入する際は圧をかけずに挿入し、徐々にカテーテルを回転させ、引き抜きながら効果的に吸引を施行する
  8. 1回の吸引時間は10秒以内とし、低酸素状態にならないように留意する
  9. 適宜、通水を施行する
  10. 吸引終了後、カテーテルを消毒薬を含んだ綿で綺麗に拭き取り、消毒液を吸引する.

観察項目

  • バイタルサイン(頻脈・不整脈、血圧上昇の有無)
  • 呼吸状態
  • 肺雑音
  • 痰の色・量・性状

アセスメント

  • 全身状態、意識状態、呼吸状態、肺雑音の有無、貯留している分泌物の程度と位置をアセスメントし、カテーテル挿入部位(口腔・鼻腔・気管)の判断を行う
  • 気管内吸引の場合、患者の状態を確認し、吸引圧を11~16kPa(80~120mmHg)まで徐々に上げながら調整する。呼吸障害などで動脈血酸素飽和度が低値の場合は弱い吸引圧から開始する

注意点

  • 採取された痰などの分泌物や血液は感染症の有無にかかわらず、感染性物質として扱う
  • 基本的に自己喀出ができるように、体位変換、体位ドレナージ、吸入、呼吸訓練などを併用する
  • 気管内吸引の場合は全て無菌操作で行う
  • 成人の場合、気管切開部から気管分岐部まではおよそ15㎝程度である
  • 経口(経鼻)気管内挿管の場合、挿管チューブの先端は概ね気管の中間になるので、その先5㎝程度で気管分岐部まで到達する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE