介護保険施設で働く看護師が管理する5つの仕事について

job-change16451

介護保険施設では、看護師と一緒に介護士と協力して働くことが必須となります。
近年では介護士でも喀痰吸引や経腸栄養を行うことが可能となっていますが、それには一定の条件を満たし申請をする必要があるため、なかなか普及していないのが事実です。

今回はそれらのことを踏まえたうえで、介護保険施設での看護師の仕事内容についてご紹介していきます。

施設入所者の健康管理

施設入所者は、それぞれ決まったスケジュールに沿って入職やリハビリなどを行います。

しかし、その前にまず看護師がバイタルサインを確認しそれらを行っていい状態かどうかを判断しなければなりません。血圧が高い、熱がある等の症状があればそれらに対しての対処も必要となります。

いくら施設に入れるような入所者でも様々な既往があるため、それらを認識したうえでの対応が必要となります。施設では物も限られているため、フィジカルアセスメントが必要になるでしょう。

施設入所者の内服管理

施設入所者は比較的健康な方が多いですが、内服薬を処方されてる方が殆どです。
その為、施設入所者の内服管理は看護師の仕事となります。内服薬の確認し、きちんと内服出来ているか確認しながら内服の援助をします。なかには、なかなか薬が呑み込めず口のなかに残ったままの方もいるので注意します。
また血圧が高いときだけ飲む薬・貼り薬もあるので、バイタルサインとともに確認することが必要です。

施設入所者のストマ・褥瘡・創管理など  

施設入所者にはストマがある方や褥瘡、創処置が必要な方もいます。その為、それらの処置を看護師がすべて行います。入浴後に皮膚トラブルないか確認をしたうえ、それらの処置を行っていきます。

もし、新たに褥瘡が発生していたり、皮膚トラブルがある場合はそれらの記録も必要になってくるので、DESIN評価なども行う必要があります。入所者にも、それらの処置が必要な方がいる皮膚トラブル発生のリスクがあるということは念頭におき、注意していきましょう。

施設入所者の栄養管理  

冒頭でもお話したように、介護士が経腸栄養を行えるよう法律では言われていますが、なかなか全体に普及していないため、栄養管理も看護師がメインで行います。施設入所者の場合、経腸栄養をしている方は殆どが胃瘻増設している方で胃瘻が安定している方なのであまり不安にならなくていいと思います。

しかし、栄養状態、スキントラブルには注意して観察する必要があるでしょう。

施設入所者の呼吸管理

施設入所者には、吸引が必要な方もいます。なかには気管切開をしている方もいるために気切管理も必要になります。施設入所者のバイタル測定時、痰がらみなどにも注意して確認する必要があるでしょう。

必要に応じて適宜吸引を行います。吸引についても、まだ看護師がメインの仕事となっているところが殆どです。その為、忙しいなかでも痰がらみしやすい入所者には注意が必要です。

終わりに

介護保険施設で働くといっても、看護師はこれらの業務を時間に追われながらしなければなりません。施設では看護師の数は極端に少なく1フロアに一人で任せることが殆どです。

始めは慣れず、大変かもしれませんが施設入所者の入退所は病院ほど激しくはありません。
入所者の特徴をつかみ状態を把握できれば、スムーズに仕事をしやすくなると思います。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!