働くママナースのストレスとその解消法

job-change20205

看護師という職業は、妊娠・出産で一度退職してからも、復職しやすい職業といえるかもしれません。まだまだ女性が多い職場ですし、比較的大きな病院であれば、病院内に保育所が完備されているところも多いですから、保育所の待機児童の問題も解決しやすいでしょう。でも働くママナースにもストレスはあります。今回はその解消法をみてみましょう。

椿の知り合いという狭い世界ではありますが、10人のママナース(子供は乳児~小学生以下限定)に聞いてみました。うち2人はお子さんが3人以上いるスーパーママナース(と、椿が勝手に呼んでいる)です。

働くママナースのストレスとは何か?

椿の知り合いのママナースに聞いたところ、結果は表1のようになりました。

 

<表1 ママナースにとってのストレッサ―>

job-change20205_1

 

ある程度予測はしていましたが、やはり子供が急病になった時でした。

大人であれば、あるいはせめて中学生以上であれば、急な発熱でも風邪かな?というくらいであれば、朝いちばんで受診し、薬を飲ませて「オトナシク寝ていなさい」で済むかもしれません。多少の遅刻はあると思いますが、それでも急に1日丸ごと休んでしまうよりはだいぶ、ママナースの心の負担も軽くなるでしょう。

しかし子供が未就学児である、あるいはダンナや他の親族など、その日に急に頼れる人がいなければ、どうしても1日の仕事を急に休んでしまうことになります。これは自分の気持ち的にも、それから職場の皆さんにも負担になってしまうのですね。

たった1人、これがストレスではないと回答したママナースに聞いてみると、「職場はママナースが多いし、子供の急な病気にも理解がある。勤務先が病児保育をやっているので、朝連れて行ってお願いすることもできる。すぐ近くに自分の両親が住んでいるので、風邪で熱発くらいならお願いできるから大丈夫」とのことでした。

持つべきものは近距離別居の実母(専業主婦)なのでしょうか。職場の環境も大きく影響しているようですね。

ママナースのストレス解消法

結果は表2のようになりました。

 

<表2 ママナースのストレス発散法>

job-change20205_2

 

やはり子供が小さいうちは、子供とのふれ合いが一番の解消法!
さすがママ!というところでしょうか。

番外編として「その他」に含まれる回答としては、次のようなものがありました。

  • 休日にパワースポットと呼ばれる神社にお参りする(子供:年長児1人、小学校低学年1人)
  • 子供が寝たあと、ヘッドホンで大音量で音楽(マイケルジャクソンの大ファンだそうです)を聞く(子供:年少児1名)
  • 日本の推理小説(横溝正史の大ファンだそうです)を読む(子供:小学校低学年1人)
  • 夜中にホットケーキを焼いて食べる(子供:年少児1人、小学校低学年1人)
  • 河原にいって楽器(サックスが出来るそうです)を吹く(子供:小学校低学年1人)
  • 休日に子供をダンナに預けて、釣りに行く(子供:小学校低学年1人)
  • 時代劇(暴れん坊将軍と必殺シリーズがお好みだそうです)を見る(子供:小学校高学年1人)

おわりに

いかがでしたか?特に椿自身が面白いと思ったのは「休日に子供をダンナに預けて、釣りに行く」でした。水面を見ながらボーっとしていると、心が洗われるのだそうです。釣った魚はキャッチ&リリースだそうですが…

ストレスの発散法って、ホントに人それぞれ。でもママナースの特徴としては、ストレスの元もある意味子供に関係しているものですが、そのストレス発散法もやはり子供に関するものが多いようです。それだけ、ママナースの心は子供が占めていることが分かりますね。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!