看護師のお給料、都道府県別ランキングからわかること

看護師は世間的にみても比較的給料の高い職業と言われています。

職業によっては、ある程度経験年数が経つと逆転することもありますが、例えば同じ年齢の一般企業のOLさんなどと比較すると、年齢が若いほど看護師の方が給与が高い!という現実に出会うと思います。

これについて、更に踏み込んでいうならば、看護師の給料はとにかく初任給が高いのです

p21799_1

今回は、この看護師初任給(基本給)をもとに、実際の看護師給料の格差と都道府県別のランキングについて考えてみましたよ。

 初任給平均額からみた看護師の都道府県別 給与ランキング

まず、下の図をみてください。

看護師給与平均

これは、看護協会が行った「2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書」を元に、都道府県別の初任給の違いをグラフ化したものです。

初任給平均 =(3年課程卒+看護系大学卒)÷ 2 

この方法で計算したものを以下にランキングにしてみます。

初任給平均ランキング ベスト5

  1. 神奈川県 ―― 211,258円
  2. 東京都  ―― 210,665円
  3. 埼玉県  ―― 209,291円
  4. 大阪府  ―― 208,714円
  5. 千葉県  ―― 207,279円

初任給平均ランキング ワースト5

  1. 宮崎県 ―― 183,620円
  2. 熊本県 ―― 187,596円
  3. 青森県 ―― 187,801円
  4. 長崎県 ―― 188,059円
  5. 佐賀県 ―― 189,412円

ベスト1とワースト1、その差は?

看護師初任給のベスト1は神奈川県211,258円です。
これは、看護系大学卒の全国平均を大きく上回っていますね。

逆に、ワースト1は宮崎県183,620円です(宮崎県の皆さま、ゴメンナサイ…)

ベスト1の神奈川県と比較すると、月平均で27,638円もの差があることになります。

 

これを年収の差で考えると、

27,638円 × (12ヶ月 + 3ヵ月) = 414,570円
※賞与についてはざっくり3ヵ月分で計算

年間でこれだけの差が付くことになります!ずいぶんな違いですよね。
2年間頑張れば、けっこう高機能な軽自動車くらい、買えちゃう計算です。

p21799_2

看護師給料には大きな地域格差があるということがわかりますね。

 

さて、それでは地域格差のほかに看護師給料にはどんな差があるのか見ていきたいと思います。

地域別の差以外にどんな差があるのか

学歴別の差

同じ正看護師の資格があっても、3年課程卒の場合と看護系大学卒の場合では、
およそ7,000円程度の差があることが分かります。

医療機関によって、あるいは経験年数によって、差額の大小はありますが、おおよそは今後もその差が続くと考えてよいのではないでしょうか。

 

年度や物価水準による差

前述のグラフなどを見て「おや?」と思った人もいるかもしれません。

日本看護協会のホームページには、同じような「都道府県別看護師初任給(基本給)」というグラフがありますよね。これは2009年のデータを基にしているようです。

参照: 日本看護師教会 | 看護職の給与事情データ

 

こちらのデータでは、

  • ベスト1は千葉県
  • ワースト1は山口県

となっており、その差はおよそ4万円となっています。

 

ところが、2012年の統計データ上で、先ほどの計算式で平均を出してみると、千葉県は第5位と相変わらず高めです。
一方の山口県はワースト11位となっており、2009年からだいぶ改善されているようにも見えます。

この辺りの差については、看護協会のデータとの計算の仕方の違いもあるかもしれませんし、物価水準なども関係しているかもしれません。

 

いずれにしても、看護師の給料は大都市やその周辺地域では、初任給も高くなる傾向があるようです。

 

それでは最後に、基本給以外を含め、実際に懐に入ってくる金額について考えてみましょう。

基本給以外を含めるとランキングはどう変わるか?

ここまではあくまで初任給(基本給)のお話でしたが、看護師には夜勤があるため夜勤手当も付きますし、休日出勤・時間外の手当や、賞与、交通費なども含まれます。

こういったものをすべて含めて考えた時、看護師給料ランキングの上位にランクインするのは、どんな求人なのでしょうか。

 

iryo-de-hatarako_main

当サイトでも紹介している看護師向けの転職サイト「ナースではたらこ」では、検索した施設などを「高収入順」で並び替えることができます。

ためしに「正看護師」という条件のみ指定し、地域不問で検索してみると…
全4,631件の求人情報が検索できました。(2015年2月18日現在)

 

それを「高収入順」で並び替えてみたところ、以下のような結果となりました。

なんと、1番目は神奈川県の病院求人!

高収入病院

一番最初に並んでいるのは、先ほどの2012年のグラフで看護師初任給のベスト1だった神奈川県(偶然なのか!?)その病院求人でした。求人情報をよく読んでみます。

 

こちらの病院は、駅から比較的遠いこと、心療内科・精神科・神経科と標榜科にやや偏りがあることなどから、なかなか看護師が集まりにくいことが予想できます。高収入の理由はここかもしれませんね。しかし物は考えようです。

単科に近いわけですから、専門性を高めたいという人には向いている!かもしれませんよ。

 

2番目は愛知県の病院求人

同じように2番目の情報をみると、こちらは愛知県の病院です。

高収入病院2

実際に、この病院のホームページなどで調べてみると、標榜している科はいくつかありますが、脳梗塞や認知症といった神経内科的な医療に力をいれているところのようです。

 

大都市の病院・介護系施設の求人は給料が高かった!

その後も順番に見ていくと、

  • 大阪府(地域包括支援センター)
  • 愛知県(療養型の病院)
  • 千葉県(介護老人保健施設)

と続いていきます。

これらはあくまで1つの看護師転職サイトからの情報ですし、検索した日現在の情報ですが、最近の流れとしては、大都市の認知症や介護に関連した施設や病院などで、比較的給与が高い傾向があるのかもしれません。

看護師求人の給与が高い理由は、それだけ、どこでも看護師を必要としているということなのでしょうね。

おわりに

転職は、まずはしっかりした情報収集が大切

看護師の給料には地域性がありますし、傾向としては大都市で高く、地方では低くなるようです。さらに、3年課程卒と看護系大学卒でも差がありますし、看護師の需要が高い病院や施設などでは、看護師の給与はさらに高くなる特徴がある、ということがわかりました。

ただ、今回ご紹介したデータは、あくまでWeb上で検索できる範囲内のものです。

実際にどれくらいの給与を手にすることができるかは、面接などでしっかり聞き出す必要がありますが、そういった「何となく自分では聞きにくいこと」は、転職サイトなどを上手に利用して、情報収集しておくと良いかもしれませんね。

p21799_3

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!