看護師だからこそできる!介護保険施設で看護師が行う介護の仕事とは?

job-change16454

介護保険施設での仕事は「日常生活の援助」がメインとなります。
看護師と介護士が協力して入所者の方を援助しますが、病院とは違い「介護」がメインの仕事となります。
そのため、看護師が病院で行っている業務とメインとなる仕事が若干違ってきます。
今回は介護保険施設で看護師が行う介護の仕事内容についてご紹介します。

食事介助・口腔ケア 

入所者のなかには、食事摂取に介助が必要な方もいます。また、そのような方は誤嚥もしやすいため食事介助口腔ケアが必須になってきます。
介護士と連携して仕事を行いますが、特に誤嚥リスクが高い・嚥下訓練を行っている入所者の場合には看護師が介助に入る必要があります。

入浴援助  

入所者は入浴も行います。そして、その入所者のなかにはストマ・褥瘡・創傷がある方もいます。介護士は主にそれらの処置がない方の入浴の援助を行いますが、看護師はそれ以外の上記の入所者の方の入浴援助を行います。ストマ・褥瘡などの皮膚洗浄を行い、皮膚状態をチェックする必要があるからです。そして、必要に応じてそれらの皮膚状態の記録・処置を行います。

コミュニケーション 

入居者の殆どはコミュニケーションがとれる方なので、業務の傍ら入居者とのコミュニケーションも行います。そのなかで、入居者の精神状態・メンタルケアも行っていきます。そして、コミュニケーションを通じてわかった情報はケア・介助に活かしていきましょう。
例えば、「夜に眠れない」という方がいた場合では睡眠導入剤の検討や、昼間の活動時間を作って昼夜のメリハリをつける。など、看護に活かしていきます。

リハビリ

入所者でも、運動・リハビリを行わなければADLが低下してしまいます。ADL低下予防として、散歩や折り紙などのレクリエーション活動を通じてリハビリを行いますが
これらの活動にも看護師は参加します。散歩などであれば、足の筋力・歩行状況などを確認しながら一定の距離歩行を介助します。介護保険施設・デイサービスなど介護系のところではこれらは必須となります。

終わりに

介護保険施設では、これらの介助は必ず行うので、「看護業務」とは別にこのような仕事があることも納得したうえでの就職をしましょう。

入所者とじっくりと日常から関わりたいと思う人には、介護保険施設での勤務がいいかもしれませんね。ぜひ検討してみて下さい。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!