口腔ケア 臥床患者

口腔ケア 臥床患者【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 口腔内細菌による感染を予防する
  • 口腔内を爽快にし、生活のリズムを整える

必要物品・準備

  • 歯ブラシ
  • ガーゼ
  • お茶・イソジンガ-グルなど患者に過敏性がないもの

方法

  1. 体位を整える
    • 半側臥位とし、枕やバスタオルなどを用い体位を安定させるが、麻痺がある場合は健側を下側にする
  2. 適宜声掛けを行い、手指や歯ブラシを口腔内に入れる時は特に声掛けを行う
    • 開口制限がある患者はバイドブロックを用いるとよい
  3. 歯面のブラッシングを行う
    • 歯肉や歯肉と頬の間、歯肉と口唇の間も忘れずに行うが、歯ブラシで困難な場合は、柄付きのスポンジやガーゼを使用すると良い
  4. 舌苔がひどい場合希釈したオキシドールなどを使用して取り除く
  5. 顔を横に向け、膿盆やガ-グルベースの邪魔にならないよう空間を作る
  6. 含嗽が困難である場合は、柄付きのスポンジやガーゼで拭きとる
  7. 枕の高さを利用して自然排泄を促しながら含嗽する
  8. 終了後は物品を素早く片付け、患者の口元をキレイに拭く
  9. 体位を元に戻す
舌苔がひどい場合、無理にブラッシングすると出血するため、無理に1度で除去せず、数回に分けて行う

観察点

  • 口腔内が清潔になったか
  • 口腔内に異常がないか
  • 拭きとりのみの患者の場合、粘つきなど残っていないか
  • 柄付きのスポンジを使用した場合、スポンジが口腔内に残っていないか
  • 口唇の亀裂がないか

アセスメント

  • 意識レベルが低下している患者に口腔ケアを行う際は、特に誤嚥に注意する
  • 口唇に亀裂がある場合、ワセリンや本人のリップクリームを塗布して保護する
  • 義歯使用中の場合も、ていねいな義歯の洗浄と口腔内ケアを定期的に行う
義歯を外した口腔内も歯ブラシ等で清掃とマッサージを行うことで、口腔内の自浄作用を高める効果が期待される

注意点

  • 意識障害などがあり、誤嚥の危険性が高い場合は、咳嗽用の水分の注入量を加減しながら、吸引も同時に行う
  • 吸引器付きの歯磨きなどを使用するのも良い

 

本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE