DVT予防策 運動療法(下肢)

DVT予防策 運動療法(下肢)【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • DVT予防策の運動療法について理解を深める

方法

  1. 両方の足関節をしっかりと背屈してもらい、その状態を10秒間保持する
  2. しっかりと底屈を促す
  3. 背屈と底屈を数回~数十回繰り返す

観察項目

  • 下肢痛、腫脹、チアノーゼの有無と程度
  • 表在静脈の怒張の有無
    ホーマンズ徴候(足関節の背屈によりふくらはぎの部分に痛みが生じる)や、ローエンバーグ徴候(ふくらはぎの部分をマンシェットで加圧すると痛みが生じる)は、すでにDVTが発生している可能性が高い

アセスメント

  • DVT(深部静脈血栓症)とは、静脈の血流がうっ滞するが原因で血管内に血栓がで切る状態のこと
  • 40歳代後半~50歳代、男性よりも女性に起きやすいとされているが、特に整形外科領域では脊椎や下肢の手術によって発症頻度が高い
  • DVTによって血栓が肺動脈に詰まると肺塞栓症が起こり、呼吸困難や心停止を来たす恐れがある
  • 長期に渡りベッド上の臥床安静が続くと、筋ポンプが使用されずに下肢のうっ血が起こりやすくなるだけでなく、手術中の骨・骨髄・関節の操作により下肢の血流障害が起こり、DVTのリスクが高くなる
  • 脊椎手術時の4点フレームによる腹部・大腿静脈の圧迫、人工股関節全置換術(THA)における脱転肢位、下肢手術におけるターニケットの使用などでDVTのリスクが高くなる
  • 静脈の血栓は血液の流れに停滞が起こりやすい部位で生じやすく、血液凝固能亢進も大きく関与している
  • 足関節の運動療法は静脈還流を促す効果が期待でき、血流の停滞を防ぐことで血栓が生じるのを予防することができる
  •  ベッド上で安静臥床を強いられる患者に有効である
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!