食事介助

食事介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 患者が安全・安楽に経口摂取でき、身体的・精神的欲求を満たすために援助をする

必要物品・準備

  • 食事
  • 介助用器具(スプーン・フォーク・箸・吸い飲み・滑り止めマットなど)
  • 義歯(必要時)
  • エプロン
  • ティッシュペーパー

方法

  1. 必要物品の準備を行い、気持ちよく食事をするための環境を整える
  2. 口腔ケア、手洗い、排泄をすませておく
  3. 意識状態の観察を行い、体位を適切な状態にセッティングする
  4. 口腔内に食物や水分の溜め込みがないことを確認しながら一口ずつ口にゆっくりと食物や水分を運ぶ
  5. 終了後、食事摂取量を確認し、下膳する
  6. 口腔ケアを施行する
  7. 胃や食道からの逆流を防止するため、食後、最低30分は臥床しないようにする

観察項目

  • 意識状態
  • 嚥下状態
  • 食事内容・摂取量・時間
  • 食欲
  • 食物残留(麻痺側・咽頭などの溜め込みなど)・食べこぼしの有無
  • 咳嗽・むせ込み・痰・声の変化の有無と程度
  • 食事姿勢の変化
  • 疲労感の有無と程度
  • 嗜好の変化の有無
  • 消化器症状の有無

アセスメント

  • 栄養状態
  • 全身状態
  • 水分出納バランス

注意点

  • 可能な限り、患者自身が自力摂取できるよう配慮しながら介助を行う
  • ひと口に口に運ぶ量は、ティースプーン1杯程度を目安にする
  • 固形物と水分をバランスよく摂取してもらえるよう、口に運ぶ順番を工夫する
  • 麻痺がある場合は、健側側に食物を入れるようにする
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE