採血・点滴で何度も失敗してしまう。人間関係で仲間はずれになることも…

めぐみさん (女性) からのお悩み

はじめまして。現在うつ病で休職中のめぐみと申します。

休職する前は60床の療養型病棟で働いて、3年目を迎えてました。後輩もできて、しっかりしなくちゃいけないのに、点滴・採血が苦手で何度も失敗しては患者さんを泣かせてしまっています。ついには後輩のほうが上手になり、行き場のない感情をもてあましています。また、あまり上手くしゃべれる方じゃなく、人間関係でも仲間はずれになることがよくあります。

休職があけたら、生活のため復帰を考えていますが、そのような人間関係のところにもう一度戻るのは勇気がいるので、転職を考えています。
しかし、もともと心身ともに弱いので、ゆっくり働けるところを探していますが、なかなか前に進みません。クリニックなども考えましたが、苦手な採血・点滴からは逃れられません。上手くなる希望も持てません。

どうしたら、採血・点滴が上手になるでしょうか?また、良い人間関係を築くにはどんな努力が必要でしょうか?グチのようになってしまいましたが、よろしくお願いします。

椿(ツバキ)からの回答

自分の枠を決めてる??必要以上に力が入ってしまっているのかも。

看護師・椿(つばき)

めぐみさんへ

はじめまして。椿です。お待たせして申し訳ありません。

めぐみさんのお悩みを拝見しました。現在のめぐみさんには問題点が2つあるようですね。1つは、職場の人たちとの人間関係を築くのが上手くいかないこと。もう1つは、自分の思うように看護技術が上達しないことです。

人間関係を築くのは結構むずかしい

まず、人間関係を築くという点ですが、めぐみさんの場合、あまり上手くしゃべれる方じゃないと、自分で自分の枠を決めているのかもしれません。

世の中には、自分の考えをはっきり言える人もいますし、こちらが上手く引き出してあげないと中々会話が成立しない人もいます。

看護師という職業柄、前者の方が秀でているように見えますが、必ずしもそうではなく、むしろじっくりと言葉を選んで話をする方が良い場合もあります。

1つ気になったのは、人間関係で仲間外れになることがよくあるという点。

例えば同僚から意地悪をされたとか、何か具体的な事象があったのでしょうか。

私自身、これまでいくつもの勤務先を経験していますが、本当の意味で誰か一人が仲間外れになった、ということはなかったかな。

看護師という職業上、それではチームとしての業務は成り立ちませんよね。必ずしも輪の中に上手く溶け込めない=仲間外れ、ではないと思います。

ただ単に、他の人よりも少し時間がかかるだけ、だと思いますよ。

 

看護技術を上達させるには?

もう1つの自分の思うように看護技術が上達しないという点ですが、めぐみさんは、元々プレッシャーに弱い方ではありませんか?

それ故に、点滴や採血も失敗してはいけない、と気負いすぎるあまり、肩や腕に必要以上に力が入ってしまって失敗するのかな?と。

ましてや看護学生の頃と違い、相手は患者さんですので、余計に失敗する自分への恐怖心があるのでしょう。実は、こればっかりは慣れしかありません。理論でどうにかなるものではないのです。

私自身、最初の職場で看護師として7年働き、その後全く別の職業に長く就いていましたが、看護師に戻った時に自分の点滴・採血の腕が落ちたことに愕然としました。

以前はむしろ上手い方だったと自負していたので、かなり落ち込みもしました。

どんな看護技術でもそうですが、患者さんに対して行うケア=生身の人間に対して行う行為ですので、多かれ少なかれ緊張はします。

でも気負いすぎては上手くいくものも失敗してしまうのです。患者さんはめぐみさん以上に緊張していると思いますよ。

まずは誰よりも自分が肩の力を抜くこと、これが出来れば自然に上達してくるのではないかな?と思います。

 

椿からの転職アドバイス

では、私からできる、めぐみさんの転職に関するアドバイスです。

  1. 点滴・採血が少ない職場を探す

めぐみさんは保健師さんの資格をお持ちのようなので、企業の保健室(医務室)とかはいかがでしょう。点滴・採血は少ないと思いますし、基本的に社員の方の健康管理がお仕事です。医療よりも保健の分野ですよね。

2.それなりの看護技術は必要だが、比較的ゆっくりした職場を探す

ホスピスや緩和ケアなども、一般の病棟よりはゆっくりとしているかもしれません。あとは認知症看護なども、患者さんとの接し方は難しいかもしれませんが、比較的ゆったりと患者さんと向き合う環境かな?と思います。

めぐみさんの中ではクリニックなども考えられたようですが、お悩みを拝見する限りでは、あまりおススメしないかな。

点滴・採血もそうですが、外来って実は短時間で多くの患者さんとコミュニケーションをとり、病態や背景なども把握する必要があります。

また患者さんは該当する科を必ずしも受診していないこともあり、標榜科以上の疾患に関する知識と経験が求められることもあります。

実はゆっくりしてそうに見えて、フル回転していることも多く、標榜されている科にもよりますが、めぐみさんの希望されるゆっくり働ける職場とは少し違うかもしれません。

今の世の中、看護師の働く場所は医療機関だけではないです。

めぐみさんのお住まいの地域で、めぐみさんに合った職場を探してくれる転職コーディネーターさんに相談してみるのも、一案かもしれません。

焦らず、気負わず、自分に合った職場を探してください。

このページを友達に教える

あなたのお悩みを椿に相談してみませんか?

誰かに話すことがきっかけで、事態が好転することもあります。
一人で抱え込まず、ぜひお話を聞かせてください。

経験豊富な元・看護師の椿が、フラットな立場からお答えしています。

ご相談にあたって

  • 回答は1週間ほどで行っております。
  • ご相談への回答は、サイト上での公開をもって行います。
  • いただいたご相談内容は、公開の際、論旨が変わらない範囲で読みやすく編集させていただくことがありますので、予めご了承ください。
  • 全てのご相談に回答できるわけではございません。予めご了承ください。
  • 技術的なご相談には回答できない場合があります。予めご了承ください。

投稿フォーム

こちらのページよりお願いいたします。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
看護師スキルアップ資格はこちら↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップはこちら↓
総合トップに戻る