パートナーシップ・ナーシング・システム

パートナーシップ・ナーシング・システム【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

ぱーとなー・なーしんぐ・しすてむ

用語の意味

パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)は、看護師2人がチームを組み、複数の患者を受け持つ看護方式です。

2009年に福井大学医学部付属病院が開発され、パートナーの技術や知識を学びながら、お互いの足りない部分を補完しあい、効率的でより質の高い看護を提供できるシステムになります。

 

パートナーシップ・ナーシング・システムは看護師2人が対等な立場で、お互いの特性を生かすといったパートナーシップ(協力体制・協働・連携)が基盤となります。

しかし、先輩看護師と後輩看護師が組むことで、看護業務をこなしながら、教育・指導・相談などを行うこともでき、病院・看護師・患者それぞれにメリットのある看護方式になります。

 

パートナーシップ・ナーシング・システムには、以下のようなメリットがあります。

  • 担当が2人に増えるため、患者の安心感が高まる
  • 医師の指示や投薬時の薬剤確認などをダブルチェックできるため、誤薬・誤投与などのリスクが減り、安全性が高まる
  • パートナー同士が互いの情報を共有したり、意見を交換することにより、お互いのスキルを高めあいながら、視野の広い看護が行える
  • 慣れない処置などをパートナーと相談することができ、看護師同士のコミュニケーションも多くなる
  • 業務を行いながら指導も可能になるため、仕事の効率が高まる
  • ひとりの看護師に対する負担が軽減するため、休憩が取りやすくなったり、時間外勤務が減ることが期待できる

 

一方、パートナーシップ・ナーシング・システムには、以下のようなデメリットもあります。

  • パートナーとの相性が合わないと、業務に支障が出ることがある
  • 看護師によってはパートナーに気をつかうことでストレスが増える
  • パートナーの組み合わせを考えるのが難しい

 

パートナーシップ・ナーシング・システムは、近年開発された看護方式ですが、学会発表の数や採用される病院が増えてきています。

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
看護師スキルアップ資格はこちら↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップはこちら↓
総合トップに戻る