アドボカシー

アドボカシー【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

あどぼかしー

用語の意味

アドボカシーとは従来、法律用語として「社会的弱者やマイノリティーの権利擁護・代弁」「社会環境による性差撤廃」「地球環境問題」など広域な分野での活動を意味する言葉として知られていました。この用語が我が国の看護領域において紹介・使用され始めたのは十数年前のことですが、看護領域におけるアドボカシーの意味が不明確であるため、看護教育のなかでこのアドボカシーについて指導するための指針が曖昧ということが指摘されてきました。

看護領域におけるアドボカシーの概念について欧米の文献や実証研究を探索・研究した結果、看護アドボカシーとは「患者の為に声をあげる、代弁する」「患者の為に弁護する」「患者に力を与える」「患者を保護する」「患者の為に支える」「患者と強調して取り組む」などという解釈をされていることが多いことが明らかになっています。

これらを踏まえて、看護領域におけるアドボカシーとは「患者や家族が自身の権利や利益を守るための自己決定が出来るように、看護師は、患者や家族を保護し、情報を伝え、支えることでエンパワーメント(患者・家族を強引に説得したりするのではなく、自己決定できるように働きかけること)すること、さらに医療従事者との仲裁を行い、医療者間の調整をすることである」と定義づけられています。

ただし看護師が患者の為にアドボカシーの役割を担うことは大きなリスクを背負うことにも繋がり、またアドボカシーを行うことは看護師個人の義務感や道徳観念、特性に頼るだけでは限界があるということも問題とされています。

看護師がアドボカシーを継続的に行うためには、アドボカシーの概念を看護教育によって理解・定着させることの他、様々な業種の専門職員が働く医療機関における看護師の職場環境の調整を行うことが重要となります。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

アドボカシーの意味は本来、擁護・支持・唱道??・・の意味を持つ言葉の様です。
簡単に言うと「擁護して代弁する」と言うとより解りやすくなるでしょうか??
看護的な例を挙げると…患者が自分の言葉で意思をドクターに伝えられない場合に伝える手伝いをするような感じ…権利を守り擁護するような意味です。

福祉の観点から見たアドボカシーも同じ意味合いで使われます。
認知症や寝たきり・障害者本人やその家族の代わりに権利を表明することです。

対象者の権利を守れるように擁護するという役割は、看護師だけではなく、社会福祉士・介護福祉士のみならず医療関係者全てにおいて必要な概念の一つですよね!!

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
看護師スキルアップ資格はこちら↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップはこちら↓
総合トップに戻る