「どのような看護師になりたいか」と面接で看護観を聞かれたときの良回答

job-change19464

就職活動中の面接だけでなく、現在の職場でも年度始めの面接などで「どのような看護師になりたいか」という看護観を質問をされる機会が多いと思います。今回は、このような看護観を質問をされたときの良回答について考えていきたいと思います。

 

看護観を上手に伝えるために

看護観とは「看護師として大事にしていること」です。
皆さんの看護への想いと言い換えてもいいと思いますが、どんなにいいものを胸に秘めていても、伝え方次第で受け手の印象が変わるものです。

あなたの気持ちをどう表現したらいいのか、以下の参考例で見てみましょう。

 

患者の個別性に沿った看護・ケアを提供したい

病院によっては、ルーチンでケアや処置などを行うところもあり、そのような場所で働いていた方にとっては「個別性に沿った看護」について学びや経験が不足しているな…と思うことも多くあると思います。

個別性に目を向けるということは患者の病気だけではなく、患者の持つ背景までも視野に入れるということです。背景とは家族関係、学生か社会人か、仕事の内容と現役職、経済面、キーパーソン、趣味など患者の病気以外の部分です。そこを理解しなければ「個別性に沿った看護」は到底できません。

そうでなくとも、忙しい職場で働いていると忘れてしまいがちかもしれません。

そのような場合には、面接時に正直に事情を説明して「個別性に沿った看護」を行いたいと伝えていきましょう。貴方の前向きな気持ちを組んでくれると思いますよ。

しかし、大事なのは「個別性」とひとことで言っても、どのように個別性を考え、実践していくのかが伝わらないと、テンプレートの回答のように捉えられてしまいます。

この看護観自体も個別性が必要ですね。

「以前の病院では、パスの患者さんが多く、入院の期間が短かったので個別性に沿った看護を行えていないと感じていました。それは、患者とコミュニケーションをとる時間がほとんどなかったからです。今回は患者の入院期間も長くなるため、より患者に目を配り、声に耳を傾け、患者への理解を深めることで個別性に沿った看護を行っていきたいです。」
「正直なところ、個別性に沿った看護について、曖昧なことも多く、個人の経験や知識に左右されていると考えています。患者の希望に沿うだけの看護ではなく、病状経過やパーソナリティー、生活習慣に及ぶ背景にどこまで合わせるのか、これから自分自身の課題でもあります。今までの経験も生かしつつ、新たな場所で知識を吸収し、学びを得ていきたいです。」
「看護学校時代に校長が教えてくれた言葉を忘れないようにしています。病院で働き始めると病院の中の患者しか見えなくなる、患者の背景を含め患者の歩んできた人生観を丸ごと理解する個別性に沿った看護はとても重要だと事あるごとに話されていました。そのためには、学生時代にこそ看護師以外の体験をして実社会の実態を知っておくべきとの忠告に従い多種類のバイトをしました。その経験が今となっては私の大きな財産です。今後も個別性にこだわった看護を行っていきたいです。」

 

患者の状態をアセスメントできる看護師になりたい

看護師にとって患者の状態をアセスメントすることは絶対不可欠なことです。今ある患者さんの症状からどのようなことが起きているか、今後どうする必要があるかを常に考えなくてはなりません。

患者や家族からの質問や相談に対して的確に答え、アセスメントできる看護師は患者からの信頼が絶大です。

しかし、自身の経験する科によって勉強の幅は違い、同様にアセスメント能力についても個人個人、成長の幅は違います。幅広い知識と熟練した技術を習得してこそアセスメント能力に必要な観察力が身に付くことを忘れてはなりません。

「まだまだアセスメント能力が足りないな…」と思う際には、前向きにアセスメント能力について学んでいきたいという気持ちを伝えていきましょう。

ここでは、なぜ自分はアセスメント能力が足りないと思ったかの部分を明確にすることです。

「以前、患者の症状悪化に気づくのが遅れたことがありました。悪化する前に何かしら兆候があるということを頭ではわかっていながら、普段の関わりがルーチン化された業務のようになっていたのです。常に疑問に思うことを忘れず、患者の状態をアセスメントしたうえで、患者の状態に合った看護を行える看護師になりたいです。」
「小児科にいると、患児は自分の言葉で痛みや症状を訴えることは出来ません。主観的な情報よりも客観的な情報でアセスメントすることが多いので、母親や家族の関係を密にし、患児者の全身状態について、アセスメントして包括的に関われる看護師になりたいです。」
「まだ新人の頃に患者もしくは家族から質問攻めにあった経験があります。今にして思えばどんなささいな質問でも耳を傾け、そこから応じる様々な課題点をアセスメントできていれば、患者や家族も前向きに闘病できたのではないかとの後悔の念でいっぱいです。看護技術も経験値も絶対的に不足しておりルーチンワークをこなすことで精一杯な日々でした。経験を積んだ今、患者や家族にとって心強いと思われるアセスメント能力に長けた看護師になりたいです。」

 

ワークライフバランスのとれた看護師になりたい

看護師のワークライフバランスは、どちらかというと仕事に偏りがちです。
しかし、仕事ばかりでは気持ちも身体も病んでしまい看護師を続けられない…という深刻なケースもあるというのが実情です。

そのような状況を予防するためにも、ワークライフバランスのとれた看護師になることは大切です。女性は仕事と家庭の両立をしなければいけません。これは堂々と伝えていいのです。

相手側には、臆せずきちんと伝えていきましょう。

注意する点としては、仕事を疎かにするわけではないことを念押ししてください。

「私は、定年まで看護師として働き続けたいと思っています。今後、家庭を持ちたいと思っていますが、家庭と仕事が両立できるように勤務形態などを調整し、ワークライフバランスを保ちながら現場で長く働いていきたいです。」
「休みの日は思い切り遊び、仕事の日は一生懸命働く。ONOFFの切り替えをしっかりして、生活と仕事のワークライフバランスを大事にして働いていきたいと思っています。」
「私は看護師として長く働き続けるためにはその時々で無理のない勤務形態で働くことが重要であると思っています。若いうちに沢山の臨床経験を積み、病棟が体力的またはその他の理由で続けられなくなった際には、その経験を存分に生かして外来やクリニック等でワークライフバランスをとりながら働き続けることが理想の看護師像です。」

 

患者に寄り添った看護を行える看護師になりたい

患者に寄り添った看護。

看護の基本ともいえる役割でもありますが、では実際にどうするのか?というとなかなか難しいところもあるかもしれません。しかし「寄り添うかたち」はそれぞれの気持ちを伝えればいいと思います。

「患者の立場に立つ」ことや「患者とともにたたかう」ということでも良いのです。

貴方にとっての「寄り添う看護」のかたちを伝えていきましょう。

「日々忙しいなかでも、患者の立場になって考えることを忘れないようにしています。病気の告知を受けたとき、リハビリが開始になったとき、退院が決まったとき。患者はどのような気持ちになるだろうか、何が不安で悩むだろうかと考えられる、寄り添った看護を行っていきたいです」
「長期入院の患者は治療に対してときにネガティブになることも多いです。しかし、常に安心して治療を受けられるように、患者とともにたたかう気持ちを忘れずに、味方であることを伝え、二人三脚で寄り添った看護を行っていきたいです」
「リハビリ病棟にいた際に意識ははっきりしているものの首から下が全く動かせない患者の担当になったことがあります。事故がなければ大企業の役員として充実した生活を送れていたはずの患者さんでした。仲が良かった家族も患者さんにどう接すれば良いか明らかに戸惑っており、その様子が更に患者のいら立ちを増幅させている状況でした。看護師として看護技術を駆使して患者の物理的な要望を叶えるように努めるとともに、悩み、悲しみ、怒り、戸惑い、不安等の思いを全て吐露できるようになるまで共感して共に闘う姿勢を伝え続けました。時間はかかりましたが、患者さんや家族が前向きに未来についての考えを発することができるようになった時は寄り添う看護に間違いはなかったと安堵しました。これからも患者さんを孤立にさせない、共に寄り添える看護を続けていきたいです。」

 

常に笑顔を絶やさない看護師になりたい

看護師という仕事は人の命を扱う仕事。人の命に対する責任感・時間で行う業務もこなしながら、ケアを行ったりと…なかなか仕事はハードで緊張感が漂い、空気が張り詰めることもあります。

そんな中、仕事のプレッシャーで表情が険しくなってしまっては患者さんに安心感を与えることは出来ません。またケースバイケースで笑顔の度合いを変える必要があります。「笑顔を絶やさない看護師」を維持するということは簡単なようで難しい。

でも、笑顔でいることは患者さんと関わるうえではとても大切なことのひとつです。

「私はあまりコミュニケーションをとるのが上手ではありません。どうしても緊張してしまい、うまく言葉が出てこないこともあります。そのようなときに、顔も強張ってしまっては患者とのいい関係は築けません。普段からハキハキと喋る、声のトーンを少しあげるなどを意識して、印象からポジティブに、笑顔を絶やさない看護師になりたいです」
「緩和ケアの病棟なので、患者も家族もネガティブに暗くなってしまう人もいます。看護師としてときに涙を流すこともありますが、普段から笑顔を忘れず、看護師の前にひとりの人間として、表情を作れる看護師になりたいです」

 

優しく穏やかな対応ができる看護師になりたい

多くの患者は「看護師さんは忙しそうだから声をかけにくい」と思い、気を遣って遠慮がちに声掛けしていることが多々見受けられます。

そのような中でも必ずと言って良い程、患者から声をかけられ情報を収集することが上手な看護師がいます。あなたの周りにもいませんか?これは看護に限ったことではないかもしれません。

これは、常に優しく穏やかな人には声をかけやすいし安心感があるとの共通認識があるからです。

ただ、看護の場面では急変時や仕事の慌ただしさに忙殺されて、優しく穏やかな対応が後手に回っていることが多いかと思います。
一度、原点に立ち返り、何故そのような対応が看護に必要なのか考えてみましょう。

「私には憧れている先輩がいます。その先輩のすごいところは患者や家族にはもちろんのこと、スタッフに対してもいつも穏やかな対応で接し、その人柄から滲み出る包容力でみんなに安心感を与えられるところです。私もそのような存在になりたいと思っています。」
「私には理想の看護師像はあります。それはどんなに大変な状況であっても忙しい素振りは決して見せずに余裕すら感じさせる看護師です。一番苦しく大変なのは患者であり看護師ではないとの思いを忘れてしまうと、目の前の業務に追われ患者目線を忘れてしまうものです。常にゆとりや心地よさを感じさせる「優しく穏やかな対応」で患者やスタッフから信頼を得たいと思っています。」
「患者として入院した際に「優しく穏やかな対応」にどれだけ助けられたかわかりません。何日も入院していると嫌でも看護師の素の部分が見えてきます。その場を取り繕うだけの感じ良さは患者には不要なのです。また知識や技術が高いことを誇りにしている看護師もいましたが、肝心な心を通わせることはできませんでした。看護師にも仕事とは違う日常があり、時には平静を装えない時もあると思います。ですが、看護師にとっての仕事場が患者にとっては日常なのです。「優しく穏やかな対応」で患者は安心して日常を暮らせます。この経験を生かして私もそのような対応ができる看護師になりたいと思いました。」

 

看護観を上手に伝えるための話の流れ

しっかりした看護観があっても、相手に伝わらなければ意味がありません。
相手側にもわかりやすい話の流れとしては、以下のようなパターンがあります。

結論
理由
エピソード
学び・気づき
反省点
課題・目標・今後の抱負

 

この流れに沿って、あなたの看護観を最初に伝えてみると

  • 私の想いは「○○な看護師になりたい」
  • なぜなら、このような体験やエピソードがある
  • ここでこう思った/○○を学んだ
  • 将来的にはもっと○○していきたい

と、なります。

 

最初に結論を言うことで、

  • 話を作りやすい
  • だから自分が話しやすい
  • 相手も聞きやすい
  • だから相手も理解しやすい

といったメリットがあります。この流れはオススメです。

エピソードから学びを話す時系列パターンもありますが、話が長くなってしまいがちで、自分自身も何を言いたいのか、相手もどこがポイントなのかわからなくなってしまう可能性があります。

 

おわりに

いかがでしたか?

「どのような看護師になりたいか」という質問に対して、漠然と考えてしまうこともあるかもしれませんが、ここでお話ししたように「これまでの自分の経験や知識」のほかに「これから何を目標としたいか」をまずは考えてみてください。自分なりの目標が見えてくると思います。

看護の世界に入る入口から看護観が終始変わらない場合もありますが、多くは経験を積む度に新たな看護観が見えてくることが多いと思います。

今回の看護観には大きく3つの分類があります。

  • 一つ目は「アセスメント」という幅広い知識と熟練した技術を磨きたい看護観。
  • 二つ目は「ワークライフバランス」という看護師として長きにわたり働きたい看護観。
  • 三つ目は「個別性に沿った」「寄り添った」「笑顔を絶やさない」「優しく穏やかな対応」という患者目線に立った看護観。

どの看護観にも正解不正解はありません。むしろどの看護観も患者、看護師にとってプラスに働くのではないでしょうか。

今後もこれらの看護観全ての基本である「人と接する仕事である」ことを忘れずに働いてみましょう。

それでも、転職を考えている看護師の中には、「やっぱり、自分で考えてみたのだけれど面接で通用するのか不安」という方もいるかもしれません。

そんな方は看護roo!看護のお仕事などの看護師転職サイトを利用して、キャリアアドバイザーといっしょに「どんなことを聞かれるのか」「病院ごとの傾向と対策」などの面接対策をしてみてはいかがでしょうか。

面接対策に加えて、好印象になる履歴書の書き方やキャリアプランの相談なども無料で受けられますよ。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE