急性期医療の提供能力が高い【京都市】人気病院の特徴と実際の看護師求人

京都と言えば、国内外から多くの観光客が訪れる国内最大の観光スポット。

p26195_0

日本の歴史が感じられる京都に魅せられ、移住する人も多いようです。
看護師の中にも「いつか京都に移り住みたい…」と考えるている人がいるかもしれませんね。

京都駅周辺は新幹線や在来線が行き交うことから、季節を問わずたくさんの人が集まる場所です。京都に本社を構える企業も多いため、観光客だけでなく実はビジネス客も多いんですよね。

そんな京都市には、大学病院、高機能病院、地域の基幹病院だけでなく、京都の一般病院の6割以上が集中し、急性期医療の提供能力も高く、京都全域の患者さんが集まります。

このような医療環境であることから、京都市内にはキャリアアップを目指す看護師も多く集まるようなんです。

 

今回は、そんな京都市内にある『人気のある病院』や『特徴のある病院』をピックアップし、その病院の特徴、転職を考える際の気になるポイント採用情報などをまとめましたよ!

 

”王道”ともいえる、京都市5つの大学病院・大病院

まずは、京都市の中でも病床数の多い、大学病院・大病院を見ていきましょう。

京都市内で病床数が多い病院といえば、

  1. 京都大学医学部附属病院(病床数1,121床)
  2. 京都府立医科大学附属病院(病床数1,065床)
  3. 京都第二赤十字病院(病床数680床)
  4. 京都第一赤十字病院(病床数666床)
  5. 京都医療センター(病床数600床)

この5病院です。(2016年1月現在)

これらの病院は、いずれも年間全身麻酔件数が2000例以上と多いのも特徴でしょう。

 

まずは、京都市内の病床数600床以上のこれら5病院を紹介していきます。

 1. 京都大学医学部附属病院

p26195_kyodai

※参照:京都大学医学部付属病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 総合病院としての強みを活かした「がんセンター」、豊富な実績をもつ『臓器移植チーム』、新しい治療を開発する『探索医療センター』など優れた医療資源を持ち、iPS細胞の臨床応用に向けて『iPS細胞研究所』との連携も行っている
  • 新病棟の屋上に、災害時の対応や救急搬送臓器移植時によるヘリでの臓器搬送などを想定したヘリポートが完成し、2016年1月下旬から運用を開始する予定
  • 新人教育体制は、3年で一人前の看護師に成長できるクリニカルラダーを構築し、充実した研修と指導を行っている
  • 専門看護師(がん看護、老人看護、小児看護)認定看護師(感染管理、皮膚・排泄ケア、集中ケア、がん化学療法看護など)をはじめとする多くのスペシャリストが活躍キャリアアップを目指す看護師には最適である
  • 夜間保育所病児保育室があるので、育児中の看護師も働きやすい環境である

 

京都大学医学部附属病院 看護師の採用情報

京都大学医学部附属病院の場合、転職サイトなどには求人情報は基本的にはないようです。
今回は病院看護部のサイトから、採用情報をみてみました。

p26195_kyodaiK2

  • 勤務時間:週38時間45分勤務 二交替制(一部、三交替・変則二交替勤務) 完全週休二日制(シフト勤務)

平成28年4月採用はすでに終了し、平成29年4月採用の情報はまだありませんでした(2016年1月)。認定看護師、専門看護師の有資格者は別途採用枠あります。
大学病院なので、初任給は若干少なめの設定になっていますね。しかし、全国レベルの医療に触れ、学ぶことができる環境は魅力的です。

参照: 募集情報 | 京都大学医学部附属病院 看護部

 

 2. 京都府立医科大学附属病院

p26195_ikadaigaku

※参照:京都府立医科大学附属病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 1,065床36科を持つ大学附属病院であり、京都府のがん診療連携拠点病院。高度ながん医療を追求し、新しい医療の研究や開発も行っている
  • 厚生労働省の承認を受けた特定機能病院、また、日本消化器病学会専門医制度認定施設日本高血圧学会専門医認定施設小児外科学会認定施設として高度で専門的な医療を提供している
  • 地域急性期医療機関として救急患者さんの受け入れを行っている
  • 看護師の教育についてはキャリア開発プログラム個人目標管理が導入されており自己の目標が明確になりやすくキャリアアップに繋げやすい
  • 専門看護師(母性看護、がん看護)認定看護師(感染管理、がん性疼痛看護、救急看護、新生児集中ケア、手術室看護)が活躍しており、認定看護師専門看護師を目指すための院外の教育プログラムの受講も積極的に後押ししている点もキャリアップをはかりたい看護師には魅力的である

 

京都府立医科大学附属病院 看護師の採用情報

京都府立医科大学附属病院の場合、転職サイトなどには求人情報は基本的にはないようです。今回は病院のサイトから、採用情報をみてみました。

p26195_ikadaigakuK

  • 勤務時間:1週38間45分 三交替制勤務(夜間勤務あり)

平成28年3月31日からの採用はすでに終了し、平成29年採用の情報はまだありませんでした(2016年1月)。大学病院なので、給料はすこし少なめですが、特定機能病院、認定施設として高度で専門的な医療を学びたい看護師には良い環境でしょう。

参照: 平成27年度看護師採用試験実施要項 | 京都府立医科大学附属病院

 

3. 京都第二赤十字病院

p26195_sekijuji2

※参照:京都第二赤十字病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 大学病院に準ずる医療を担い、年間ののべ患者数は外来約37万人、入院約20万人である
  • 地域中核急性期病院として、救命救急センター母子センター内視鏡センターを有し、先進医療を学ぶことが可能である
  • 個人の能力やライフサイクルに応じたキャリア開発ラダーで、段階に合わせた継続教育が充実している
  • 専門看護師(がん看護)、認定看護師(皮膚・排泄ケア、救急看護、感染管理、小児救急看護など)が活躍し、専門看護師や認定看護師を目指す前後のサポートが充実しているため、資格取得者が多い
  • 新人教育では看護技術、メンタルヘルス、部署内研修があり、メンタルサポートも充実しているほか、eラーニングで自宅での学習も可能である

 

京都第二赤十字病院 看護師の採用情報

京都第二赤十字病院の求人情報を、転職サイトで探すことができました。(2016年1月)

p26195_sekijuji2K

  • 勤務時間:
    二交替制 日勤 08:30 ~ 17:00、夜勤 16:00 ~ 翌09:00、ロング日勤 08:30 ~ 21:00 夜勤 20:15 ~ 翌09:00(日勤もあり)
    三交替制 日勤 08:30 ~ 17:00、準夜勤 16:00 ~ 翌00:30、深夜勤 00:10 ~ 08:40

こちらは、中途採用の求人情報です。赤十字病院では、復帰プログラムが充実しているので、ブランクがある方も安心です。また、最寄駅から5分と通勤にも便利な立地は魅力的です。

参照:ナスナス 求人情報

 

4. 京都第一赤十字病院

p26195_sekijuji1

※参照:京都第一赤十字病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 総合周産期母子医療センターは京都府で唯一の施設である
  • 高診療密度病院として選ばれ、救命救急センターでは、重症患者さんを幅広く受け入れている
  • 京都府基幹災害医療センターとしてヘリポート、ドクターカーを有し、ドクターヘリの受け入れ基地でもある。看護師としてDMATの一員を目指すことができる
  • 赤十字医療施設のキャリア開発ラダーを導入し基礎教育が充実している
  • 専門看護師(がん看護、老人看護)、認定看護師(感染管理、集中ケア、新生児集中ケア、乳がん看護など)が活躍し、資格取得には積極的なサポート体制がある

 

京都第一赤十字病院 看護師の採用情報

京都第一赤十字病院の求人情報を、転職サイトで探すことができました。(2016年1月)

p26195_sekijuji1K

なんと言っても、京都府で唯一の総合周産期母子医療センター、重症患者さんを幅広く受け入れている救命救急センターで働けるチャンスは魅力的です。DMATを目指す看護師にも良い環境です。また、最寄駅から徒歩5分と駅近な点も見逃せませんね。

参考:ナース専科セレクト 求人情報

 

5. 京都医療センター

p26195_iryoscenter

※参照:京都医療センター

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 三次救急、地域がん診療連携拠点病院、専門医療施設に指定されており、最新の医療機器を備え医療を学べるほか、緩和ケア病棟もあり多種多様な看護を行える
  • 救命救急センターは、12名の専属医が24時間365日、質の高い救急医療を提供し、災害時には医療班(DMAT)を派遣できるような体制も整備している
  • 国立病院機構看護職員能力開発プログラムに基づいた新人教育や、院内の医師、専門看護師、認定看護師等の勉強会が盛んである
  • 自分の目指すキャリアプランに沿ってスペシャリストまで目指せる教育体制がある
  • チーム全員で患者さんのところに行き、患者さんを含めて申し送りをする、ウォーキングカンファレンスを採用している
  • 院内保育所病児保育所があり、夜間は22時まで延長保育可能なので、子供がいても働きやすい環境である

 

京都医療センター 看護師の採用情報

京都医療センターの求人情報を、転職サイトで探すことができました。(2016年1月)

p26195_iryoscenterK2

賞与は年に2回ですが、4.5ヵ月と高めの設定になっていますね。平成23年に設置されたばかりの緩和ケア病棟は個室20室で、認定看護師もはたらいていますので、緩和ケアに関心のある看護師にも良い職場ではないでしょうか。

参考:医療WORKER 求人情報

 

京都市の専門性が高い2病院

京都市内には、専門性が高い医療を提供している病院がいくつかありますが

  1. 宇多野病院(病床数380床) -神経難病医療においては全国でも有数の病院-
  2. シミズ病院(病床数150床) -京都府でも有数の脳神経外科に強い病院

の2つの病院を紹介します。

1. 宇多野病院

p26195_utano

参照:宇多野病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 神経・筋医療を基幹医療とし、神経難病医療においては全国でも有数の施設なので、神経、筋難病での看護を深めることができる
  • いくつかの神経筋疾患では大学も含めた全国医療機関で最も多くの患者さんが全国から受診している
  • 国立病院なので、職員は国家公務員としての待遇で、最新の医療を経験することができる
  • 認定看護師など、スペシャリストを目指す人へのサポート体制がある
  • 院内保育所があり土曜日以外は延長保育可能である

 

宇多野病院 看護師の採用情報

宇多野病院の中途求人情報を、転職サイトで探すことができました。(2016年1月)

p26195_utanoK4

交通アクセスがバスのみと少し通勤しづらそうですが、マイカー通勤は可能です。応募資格は、看護師免許は必要ですが、高卒以上なので、最終学歴に不安を持っている方でも応募しやすいですね。

参照:イーアイデム関西 求人情報

 

2. シミズ病院

p26195_shimizu

参照:シミズ病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 京都を代表するシミズ病院グループの中核病院で、京都でも有数の脳神経外科に強い病院であり、脳神経外科を中心に高度で質の高い医療を提供している
  • 急性期の医療を担う医療機関として24時間体制で救急患者さんの受け入れを実施している
  • シミズ病院グループ専用の救急車を備え、救急車に同乗し救命救急の経験を積むことも可能である
  • 個人の段階に合わせた研修と集合研修、院内外研修を行いプリセプターシップに加え、パートナーシップ・ナーシング・システムでのサポート体制が整っている

 

シミズ病院 看護師の採用情報

シミズ病院の中途求人情報を、転職サイトで探すことができました。(2017年6月)

スキルアップを図りたい看護師にとっても、看護協会や学会主催の院外研修への参加もサポートしています。専門領域研修にも積極的で、認定看護師や専門看護師の資格取得をバックアップ。そのための休職制度や奨学金制度もありますよ。

このほか、夜間保育もできる保育所も完備、さらに子育て中の看護師には嬉しい保育料助成制度もあります。また、職場復帰支援プログラムもあるので、ブランクのある看護師も安心して働けますね。

参照:看護のお仕事

 

京都市の看護師のちょっと羨ましい福利厚生がある病院

京都市内の病院は、『看護師の教育体制がしっかりとしてる病院』、『福利厚生が充実している病院』が多いように感じます。今回は、その中でも”ちょっと羨ましい福利厚生”がある西京都病院(病床数199床)を紹介します。

西京都病院

p26195_nishikyoto

参照:西京都病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 地域密着型病院で幅広い医療を学ぶことができる
  • 急性期医療慢性期医療の2つの柱を中心とした医療展開を実施している
  • 救急指定病院として、消化器内科病センターでは24時間体制での内視鏡緊急検査、透析センターでは夜間でも治療を受けられる夜間透析を備えている
  • 年間教育計画を立案、個人のペースに合わせた指導を行っており、充実した基礎教育を受けることができる。ブランクのある方への研修体制も整っている
  • カンボジア、中国、韓国の関連施設への海外研修制度があり、また、大連中心医院とも連携をし、中国や韓国からの研修生の受け入れも行っている
  • 業務の慰労や院内の親睦を兼ねて、毎年社員旅行(海外旅行、温泉旅行)がある
  • 1年を通して病院行事やパーティーなどがあり、勤務生活をリフレッシュする機会が多い
  • 隣接している24時間保育所では小学生までの子どもが預けられ、年末年始や夏季休暇だけなど、スポットでも利用可能である

 

西京都病院 看護師の採用情報

西京都病院の中途求人情報を、転職サイトで探すことができました。(2016年1月)

p26195_nishikyotoK2

とにかく福利厚生が充実しているところが最大の魅了なのですが、ブランクのある方も応募が可能な点、日勤常勤可という点も見逃せないポイントですね。

参照:看護roo! 求人情報

 

京都府で最大規模!?武田病院グループ

最後に紹介する武田病院グループは、京都府内に9病院(うち5病院が救急告示病院)、診療所などの医療関連施設、健診センターや福祉施設を有する、京都府最大規模のグループ病院です。

京都市内には以下の4つの病院があり、地域に根付いた医療を提供しています。

  • 武田病院(京都市伏見区)
  • 武田総合病院(京都市下京区)
  • 十条武田リハビリテーション病院(京都市南区)
  • 稲荷山武田病院(京都市伏見区)

今回は、武田病院グループの中で一番病床数が武田総合病院(病床数500床)を紹介します。

1. 武田総合病院

p26195_takedasougou

参照:武田総合病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • グループの中で最も多い24の診療科があり、総合的な医療を提供している

p26346_2

  • 救急医療から回復期に至るまで幅広い看護を身に付けることができる
  • 専門看護師、認定看護師資格を取得し活躍できる環境が整っている
  • ワークライフバランスメンタルヘルスの取り組みが推進され働きやすい環境がある
  • ベテランナースやママさんナースも多く勤務しており、個人に合わせたキャリア開発システムでの教育を受けることができる

 

武田総合病院 看護師の採用情報

武田総合病院の中途求人情報を、転職サイトで探すことができました。(2016年1月)

p26195_takedasougouK2

グループ病院ならではの、手当て、福利厚生や教育サポートが充実している点も見逃せませんね。こちらには載っていませんが、残業時間が1ヵ月10時間以下と少なく、24時間の託児所は病児保育にも対応しし小学3年生まで預けることが可能なので、子育て中の看護師も働きやすい環境です。

参照:マイナビ看護師 求人情報

 

おわりに

京都市には、今回紹介した病院以外にも、最新の医療設備や看護師の教育体制が整った病院など、看護師にとって魅力的な特徴のある病院があります。

タイミングにもよりますが、基本的に大規模病院は人気が高い上に、求人数も少ないため、京都市の大規模病院でスキルアップ、キャリアップを目指したい看護師には、希望の病院への転職・就職は少々難しい地域かもしれません。

また、教育体制や福利厚生が充実しているような病院などの良い求人も人気は高く、すぐに応募が締め切られることもあります。

とはいえ、京都市の看護師1人あたりの有効求人数は3.7件と非常に多いので(全国平均は2.7件)、まだまだ看護師不足と言えます。

そんな中、求人情報を見極めるためには、転職サイトへの複数登録が基本!これにより、様々な求人情報をカバーできたり、色々なコンサルタントの意見を聞くことができるはずです。

まずは、いろいろな看護師専門の求人サイトを見て、実際にどんな求人情報がでているのか見てみるのも良いでしょう。

京都市で看護師の求人情報を探すのなら、上でも紹介しましたが、看護roo!マイナビ看護師はオススメです。

 

京都市は、待遇や福利厚生がしっかりとした病院も多いので、妥協せず自分の目的に合わせた病院選びをすることが大切ですよ!

 

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!