ケアマネジャーの資格を生かした転職をするためには

a0001_008212

ケアマネジャーとは何か、どんな仕事か

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護保険制度で要支援・要介護の認定を受けた人が適切な介護サービスを受けることができるように窓口となってサポートを行う人です。

また、ケアマネジャーは資格が必要な仕事であり、実務研修・実務試験の終了が必須です。

主な仕事内容は、

  • 介護サービスの計画書(ケアプラン)作成
  • 利用者や家族に対しての相談業務
  • 各業者の手配
  • 必要なサービスなどの申し込み手続き
  • 医療機関との連携
  • サービス担当者会議の実施  などが挙げられます。

ケアマネジャーとして転職するメリット

ケアマネジャーの需要が非常に多い

高齢化社会が進むにつれ、高齢者福祉事業はどんどん増加傾向にあり、事業を担う介護施設などはケアマネジャーの配置を義務づけているため、ケアマネジャーの需要度は高いといえます。

近年、赤字で経営ができなくなる事業所も増えており、ケアマネジャーの求人は一時期よりも減少傾向にありますが、高齢者福祉事業に関する新たなサービスなども増えてきているため、就職難に陥る可能性はほとんど無いといってもいいでしょう。

肉体労働から解放される

ケアマネジャーの仕事は、ケアプランの作成やコンピュータ入力、申し込み手続きなど事務作業が非常に多いため、医療や介護の現場で働くよりも肉体労働は非常に少なくなります。

また、基本的に夜勤がなく、日中勤務がほとんどの仕事であるため規則正しい生活を送りやすく、年を重ねても長く仕事を続けられる可能性が高いといえます。

ケアマネジャーとして転職するデメリット

デスクワークが多い

ケアマネジャーの仕事は、事務作業やコンピュータでの作業や相談業務などのデスクワークが非常に多いため、これまで病院やクリニックで働く経験が長かった方にとっては物足りなさを感じることがあるかもしれません。

また、デスクワークに起こりやすい肩こりやドライアイに悩まされることもあります。

医療に関連した スキルアップが困難である

ケアマネジャーの仕事は、医療・看護の知識や技術よりも社会福祉・介護に関連した高度な知識を要するため、医療・看護に携わる仕事をし続けたい人にとっては不向きであるといえるでしょう。

ケアマネジャーに向いている人

肉体労働から解放されたい人

安定した職種で働きたい人

デスクワークが苦ではない人

ケアマネジャーとして転職する方法

ケアマネジャーとして施設などに転職をする場合、1つの施設に対しての募集人数が1~2名程度と非常に少なく、すぐに人員が充足する場合があります。

ですから、1つの転職サイトに登録をしても、希望の場所で働くことが難しいため、複数の「ナース専門の転職サイト」に登録をするのが最も効率的です。

また、職場の実態がどのようになっているかということも含め、「ナース専門の転職サイト」に登録し、確認することが望ましいといえます。

今すぐに転職を考えていない人でも、今から無料登録をしておけば、様々な案件の中からじっくりと選びつつ、転職の準備をすることができます。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

修正:7839/看護roo!(カンゴルー) って、どんな転職サイト?
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!