看護師のシフト制 -他の看護師の勤務実情ってどうなってるの?

a0006_000841

病院は緊急の外来や入院している患者さんのためにお休みはなく、24時間365日人員を配置していなければなりません。

就業先によって勤務形態は異なりますが、一般的には2交代制または3交代制とされており、病院の忙しい時間に合わせてシフトが組まれています。

ここでは勤務体系や休日などからも多忙を極めるといわれている看護師の勤務実情についてお話します。

看護師の勤務実情

看護師はシフト制で、大半の病院は2交代制3交代制に分かれています。
3交代制が7割、2交代制は約3割を占める割合となっています。
勤務時間は、それぞれ異なりますが、両方共夜勤があります。

標準的な2交代制の1日の勤務時間は12時間労働ということになりますが、実際では、16時間(当直)と8時間など、不規則な2交代制(変則2交代制)が組まれることあり、各病院の繁忙期や忙しい時間帯に合わせてシフトが作られることが多いです。

2交代制と3交代制

最近のシフトは、2交代制で組む病院が増えているようです。
看護師の中でも、2交代制の方が、休みが増えるということで、2交代制を希望する方も少なくないようです。

日勤・準夜勤・深夜勤と分けているのが3交代制です。

例えば、標準的な3交代制では、日勤は8時から16時、準夜勤は16時から深夜0時、深夜勤は深夜0時から8時、と分けられます。

各病院によって時間帯は異なりますが、申し送り(引継ぎ)があるので、就業時間の始まりと終わりが30分程、重なることもあります。

準夜勤と、深夜勤は特別手当があります。
2010年看護協会の調査結果では、一般病棟看護職員の平均的な手当の金額は、3交代制の準夜勤手当は一日あたり4,077円、2交代制の深夜勤については、一日あたり10,745円となっています。

休みは4週8休制が多い

看護師の休日取得については4週8休制(年間105~125日)というところが多く、完全週休2日制や土日祝日休みというように決まったお休みはなかなか実現が難しいようです。

勤務シフトの組み方はには必ず守るべき法的基準・病院基準として、休日を月平均8日以上取得すること、夜勤明けの当日に夜勤をさせない、夜勤には経験5年以上の者を1名以上含めること、などのがあります。

しかし実際は夜勤は3日以上続けない、夜勤明けの日に日勤はさせないなど病棟ごとの暗黙のルールもあるようです。

実際のところ…

以上のように看護師の勤務に関しては法的基準や病院の基準によって定められているのですが、実際のところ必ずしも守られていないというのが現状でもあります。

看護師の人手不足は広く知られていますがそういった背景からどうしても無理をしなくてはない場面が多くあります。

とは言っても無理をして働いて体を壊してしまうと元も子もないですよね。

もし今過度な勤務を続けなければならいような労働環境で働いているのであれば、環境を変えてみることに目を向ける必要があるかもしれません。
転職などをきっかけに自分の希望する働き方を手に入れた看護師も多くいます。

あなたも悩んでいるのであればそういった選択肢があることを忘れないでください。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE