美容外科に転職するためには

a0007_002783

美容外科とは何か、どんな仕事か

美容外科は、病気や障害をもっている患者ではなく、今よりももっと美しく綺麗になりたいと思っている人が来院するため、看護業務というよりも、接客業としての要素が非常に強いのが特徴です。

主な仕事内容は、

  • 外来でのカウンセリング
  • 検査・処置・手術の介助
  • 採血や注射・点滴業務
  • 医療器具の管理業務 などが挙げられます。

中には、営業や受付業務を行う職場もあります。

美容外科に転職するメリット

夜勤がなく、残業も少ないためプライベートの時間を充実させやすい

美容外科での施術は、基本的に入院の必要がないので夜勤業務がなく、残業も少ないところがほとんどです。

また、美容外科は勤務場所が街の中や駅から近い方が多いため、グルメやショッピングなどアフター5も充実させやすいといえます。

さらに、休日も定期的に確保することができ、長期休暇もとりやすいので、プライベートを大事にしたい方にとっては非常に好都合であるといえるでしょう。

また、クリニックなどに勤務した場合は、自分用に美容に関する医薬品を割引価格で購入できたり、美容の施術を安価で受けられる所もあるため、働きながら自分自身も美しく綺麗になりたいと思う方には、非常に好都合であるといえます。

比較的収入が高い

美容外科は、夜勤手当などはありませんが、他の手当がついていることが多く、給与水準も比較的高いのが特徴です。

美容外科に転職するデメリット

応募資格に制限がある

美容外科の求人情報では明確な記載はありませんが、応募年齢が高ければ高いほど採用が難しくなる傾向にあり、30代半ばでも、既に就職な困難なことが多い状況です。

また、応募資格として1~2年以上の臨床経験を必要とするところがほとんどであるため、新卒での採用は難しいといえます。

看護師としてのキャリアを積むことが困難である

美容外科は、病院や一般的なクリニックと比較した際、通常の看護業務は少ないため、看護師としてのキャリアを積みたいと考えている人には不向きであるといえます。

また、美容外科から一般病院あるいはクリニックの再就職は難しいケースもあります。

美容外科に向いている人

仕事よりも、プライベートを充実させたい人

美容について興味・関心がある人

高い収入を得たい人

美容外科に転職する方法

美容外科は待遇面が好条件な場合が多く、非常に人気の高い分野です。

そのため、求人情報が出ても数日後には枠が埋まることが非常に多いのが現状です。

また、美容外科の求人は非公開であることも多いだけではなく、勤務先によっては化粧品販売や施術契約を取るなどの営業ノルマがあることも少なくありません。

また、歩合制や指名制を採用している勤務先もありますが、これらの詳細も非公開の場合が多いため、「ナース専門の転職サイト」に登録し、待遇条件などを転職サイトのコンサルタントに事前に確認することも必要です。

また、今すぐに転職を考えていない人でも、今から無料登録をしておけば、様々な案件の中からじっくりと選びつつ、転職の準備をすることができます。  

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!