現役看護師への復帰!潜在看護師から復職するために

a0001_014902

最近は男性の看護師も大分増えましたが、まだまだ女性の方が多いのが現状です。

これは看護師の世界だけではなく一般社会でも同じことが言えますが、女性のライフサイクルの一つである「出産・育児」はその後の生活に大きな影響を与えています。少子高齢化が進む現在の日本で、出産を経ても以前と同じポストで仕事を続けていくためには、自分の家族はもちろんのこと、周囲の多大なる理解や協力が必要なのが現実です。

実は一旦現場を離れたいわゆる潜在看護師は、全国で55万人もいると言われており、一旦辞めてしまうと中々復職しない職業でもあるのです。

潜在看護師が増える理由

本当のところは人それぞれだとは思いますが、圧倒的に多い理由は「一旦現場から離れた看護師が復帰すると、ブランクの間の医療・看護の進歩についていけない」というもので、また一旦復職しても中々続かないという現実もあるようです。

現場を離れた理由が、結婚・出産・育児だった場合、復職するためには、更に勤務時間の制限や、夜勤が(したくても)出来ないなども出てきます。

復職に踏み切れない理由は、これが一番多いのではないでしょうか。旦那さんが転勤族であれば、「1か所で長く働けない」というのも付きますよね。

潜在看護師から現役看護師へ

こういった事情を抱えている場合、自分のやりたい仕事よりも「家から近いから」「勤務時間が短いから」などの理由で職場を選んでいませんか?

確かにそれも必要なのですが、自分に本当に合っている仕事に就ければ、少々の困難が有っても続けて行けますよね。そうでなければ、またすぐに離職することになってしまうのではないでしょうか。

出産・育児の理由でブランクがある場合は、子供は成長しますから、その理由はいずれ大きな理由ではなくなります。

転居が多いのであれば、期間限定でもその間は精いっぱい頑張れる職場を探した方が、その次の転職でもきっと良い職場に出会えるでしょう。

 

解決策を探してみる

復職にあたって躊躇する理由がある場合、その原因を解決する方法をまずは探してみることも大事です。

  • 夜勤が原因であれば、日勤のみの勤務の仕事を探してみる
  • ブランクが原因であれば、ブランクのある看護師を受け入れている職場を探す
  • 旦那の転勤が多いのであれば派遣など短期の仕事を探してみる
  • 子育てとの両立に悩むのであれば託児所のある職場を探してみる

探してみると悩みを解決できるような求人も多くあることに気がつくと思います。

もちろん、潜在看護師が現役看護師になるにはそれなりの努力は必要です。

ですが、色んなことを我慢して消去法で転職先を探すより、事情を踏まえた上で、さらに自分の希望を叶える職場に出会えれば、必ずもう一度【現役看護師】になれるはずです。

看護師を求めている職場は本当に沢山あります。少し視野を広げると、自分の【やりたい事】を形にできる転職先に出会えると思いますよ。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!