母体がしっかりした病院が多い【福岡市】人気病院の特徴と実際の看護師求人

福岡県福岡市といえば、九州地方最大の都市であり、九州地方の行政・経済・交通の中心でもある地域です。しかも福岡市は大阪より西で見た場合、最も人口の多い都市なんですね。

医療環境としては、大学付属病院をはじめ、がんセンターや赤十字病院なども集中していることから、福岡市の病院は実に多彩です。

 

そんな福岡市は、九州地方の医療の中心的な都市といえるでしょう。

 

p26858_03

※そして、皆さん!『博多どんたく』は”福岡市”のお祭りなんですよー

 

今回は、そんな福岡市内にある『人気のある病院』や『特徴のある病院』をピックアップ!

それらの病院の特徴、転職を考える際の気になるポイント、採用情報などをまとめました。

 

まずは“王道” 福岡市3つの大病院

まずは、福岡市の中でも“王道”ともいえる、大病院を見ていきましょう。

  1. 九州大学病院(病床数1,275床)
  2. 福岡大学病院(病床数915床)
  3. 九州医療センター(病床数702床)

“大病院”の定義はいろいろあると思いますが、今回は700床以上の病院をピックアップしてみました。

いずれの病院も、がん診療連携拠点病院であり、先進医療にも積極的に取り組む病院です。

医療従事者の人数が多く、教育体制がとてもしっかりしています。標榜している診療科も多いため、さまざまな分野の看護を習得できる環境が整っているでしょう。

 

まずは、福岡市内のこれら3病院を紹介していきます。

1. 九州大学病院

 

p26858_kyusyudaigaku_T

参照:九州大学病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 小児がん拠点病院であり、小児慢性疾患の患者さんが成人診療科へ移行するためのトランジショナルケア外来を大学病院としては初めて設置し、45名の小児科医師(小児科学会専門医36名)による最先端医療を提供している
  • 小児医療センター総合周産期母子医療センターをはじめ、小児歯科、心のケアなど小児に大変強い病院である
  • 『看護実践力ブロッサム開花継続プロジェクト』があり、看護師が自ら学びキャリアアップするための支援をおこなっている
  • e-ラーニングの導入やキャリアセンターでのシミュレーション研修により、看護実践能力を高めるためのトレーニングができるなど教育体制は非常に充実している

その他、九州大学病院では、専門看護師認定看護師院内認定看護師が活躍し、資格取得を積極的に推進しています。

  • 専門看護師3名
    がん看護、慢性疾患看護、小児看護
  • 認定看護師26名
    救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法、感染管理、新生児集中ケア、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、糖尿病看護、がん放射線療法看護、脳卒中リハビリテーション看護、透析看護
  • 院内認定看護師134名
    糖尿病指導看護師、褥瘡ケア領域、呼吸ケア領域、ストーマケア領域、感染管理、救急看護、CPRインストラクター、小児救急看護、がん看護

キャリアップをしたい看護師には魅力的な環境ではないでしょうか。

 

九州大学病院 看護師の採用情報

九州大学病院の場合、転職サイトなどでも情報が掲載されていることがありますが、詳細情報は登録した場合のみ閲覧できるようです。

そこで今回は、病院看護部のサイトの採用情報を見てみると、平成29年度看護職員の募集要項が掲載されていました(2016年3月現在)。

さすが大学病院!募集予定人員は120名です。

応募締め切りは、平成28年7月8日(金)17:00 必着です。

また、待遇についても確認することができました。

p26858_kyusyudaigaku_saiyo

国立大学職員という位置づけになるため、採用から3年間は『特定有期看護職』という扱いになるようです。4年目以降、雇用期間の定めのない常勤職員となることができます。

また、転職を希望する看護師には、不定期ですが求人情報がアップデートされる九州大学病院職員募集ページをチェックしてみてはどうでしょうか。

参照:募集案内 | 九州大学病院 看護部

 

2. 福岡大学病院

p26858_fukuokadaigaku_T

参照:福岡大学病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 最先端医療機器(ダ・ヴィンチを用いたロボット手術、放射線治療移植再生医療を完備)、3次救急として24時間、重症患者さんを含むすべての患者さんに対して、より的確な診断、診療をおこなっている
  • 災害時のためのDMATヘリポートドクターカーを保有しているほか、福岡市消防局救急ワークステーション隊が在駐。重症患者さんの元へ向かう救急車には医師も同乗し、少しでも早い処置をおこなっている
  • 病棟と外来がひとつになった看護チームの体制をとっており、切れ目のない継続看護をおこなっている
  • 状況に応じて柔軟に対応することができる、あるいは創造的看護実践に取り組んでいる看護師をパートナーが推薦。年間を通して30名のグッドプラクティスナースを表彰する取り組みもあり、評価されることでやりがいを持って仕事に取り組める環境である
  • 看護師の教育については、キャリア開発プログラム個人目標管理が導入されており自己の目標が明確になりやすくキャリアアップに繋げやすい

この他、福岡大学病院では、専門看護師認定看護師が活躍。専門看護師、認定看護師を目指すための院外の教育プログラムの受講も積極的に後押ししています。

  • 専門看護師
    母性看護、がん看護
  • 認定看護師
    感染管理、がん性疼痛看護、救急看護、新生児集中ケア、手術室看護

 

福岡大学病院 看護師の採用情報

福岡大学病院の場合、看護師転職サイトなどには求人情報は基本的に掲載されないようです。

今回、病院看護部のサイトの採用情報を見てみると、平成29年4月1日付採用看護職員(専任)求人要項が掲載されていました(2016年3月現在)。応募締め切りは、平成28年6月9日(木)必着です。

p26858_fukuokadaigaku_saiyou

こちらは『看護学生』に向けた求人要項です。よく見るとマイナビ看護学生への登録が必須とあります。大学病院でも、看護師転職サイトを活用するところもあるのですね。

福岡大学病院は、大学病院ではありますが、私立なので給料はやや高めです。

また、こちらも不定期ですが経験者向けの求人がありますので、福岡大学病院求人募集欄をチェックしてみてください。

 

参照: 福岡大学病院看護部

 

3. 九州医療センター

p26858_kyusyu_iryo_center_T

参照:九州医療センター

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • ダ・ヴィンチPET/CTなどの最先端機器を取り入れ、高度な医療に対応できるスタッフの育成に取り組み、安全で的確な医療を提供している
  • 出生前検査をおこなっていたり、早期認知外来(MCI外来)が併設されていたり、非常に幅広い医療を展開している
  • 精神科では、精神疾患のみだけでなく身体合併症を持つ精神疾患患者の検査、手術、治療目的の入院を受け入れており、精神疾患看護を学ぶには最適の環境
  • 国立病院機構として教育体制もしっかり整っている
  • 院内にはコンビニやレストランカフェショップがあり休憩時間の利用や勤務後に利用することができる

福岡大学病院では、専門看護師認定看護師が活躍。

  • 専門看護師
    がん看護
  • 認定看護師
    感染管理、がん性疼痛看護、皮膚・排泄ケア、緩和ケア、透析看護、慢性心不全、救急看護、脳卒中リハビリテーション看護、乳がん看護、糖尿病

 

九州医療センター 看護師の採用情報

九州医療センターの求人情報は、残念ながら看護師転職サイトで見つけることはできませんでした(2016年3月)。

九州医療センターの看護師募集を見てみると、平成29年度 看護職員採用試験 採用情報がありました。応募締め切りは、平成28年6月13日(月)~7月8日(金) 当日消印有効です。

とはいえ、九州医療センターは、国立病院機構の中の1病院であるため、現在、募集情報を管理しているのは、独立行政法人 国立病院機構 九州グループのサイトです。

p26858_kyusyu_iryo_center_saiyou

九州医療センターは、他の私立病院などと比較すると、給与(初任給)は、やや低めかもしれません。

しかし、ここで「なーんだ、安いのか」と考えてはいけません!

国立病院機構のグループ病院はまず、母体がしっかりしているという安心感があります。現在は”公務員”はありませんが(かつては公務員だったんですよ!)、看護師全体の平均年収よりも、経験年数が上がるほど、高くなるという傾向があります。

また、福利厚生や退職金・年金の制度もしっかりしていますので、初任給に惑わされてはいけません。長く働くほどお給料が高くなり、安定した生活が望めるというメリットがあるのです。

参照: 九州医療センター看護部

 

福岡市内の注目病院 3病院

福岡市内にはこれ以外にも、大病院とはいかないとはいえ、福利厚生がしっかりしている、あるいは専門性の高い医療を提供している病院が複数ありますが、

  1. 福岡赤十字病院(病床数511床)
  2. 九州がんセンター(病床数411床)
  3. 福岡和白病院(病床数367床)

の3病院を紹介します。

1. 福岡赤十字病院

p26858_fukuoka_sekijuji_T

参照:福岡赤十字病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 新設されて間もないきれいな病院
  • 日本の赤十字として24時間体制の2次救急医療国内外の救援活動を行っている
  • 35の診療科を有し、高度な医療設備と医療技術で地域医療支援病院として機能している

p26858_fukuoka_sekijuji_35

  • レベル別のラダー研修以外に国際ラダーを導入し、国際派遣要員の育成に力を入れている
  • 赤十字の病院であるため、救急、災害看護に力を入れており、国際的に活躍できる看護力を身につけることができる

病院規模としては511床ですが、赤十字の病院ですから、母体はとても大きいといえます。診療の範囲は広いですし、地域医療だけではなく、災害拠点病院としての役割を担っています。

 

福岡赤十字病院 看護師の採用情報

福岡赤十字病院の求人情報は転職サイトで見つけることはできませんでしたが、病院のサイトに平成29年の採用情報が掲載されています(2016年3月)。

p26858_fukuoka_sekijuji_saiyou

赤十字病院もまた、国立病院機構などの病院と同様、初任給はやや低めになりますが、福利厚生はしっかりしています。

参照:看護職員募集要項|福岡赤十字病院看護部

また、2017年4月に入職を希望する看護師(学生)を対象に、2016年3月からインターンシップが開催されるとのこと。就職するまで1年がかり、ということでしょうか。

 

2. 九州がんセンター

p26858_kyusyugan_centerーT

参照:九州がんセンター

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 九州で唯一のがん専門病院(福岡県のがん診療連携拠点病院)として、高度な医療と充実したチーム医療を提供している
  • 緩和ケアセンターを併設
  • がん看護領域の知識の統合や、エビデンスに基づく看護実践能力を身につける『がん看護専門コース』があり、院内において専門性の高いがん看護を行える看護師の育成を目指している
  • ”がん専門病院”であり、さまざまながん疾患の患者さんと関わることで、疾患の奥深さだけではなく、患者さんごとに必要な看護を学べる
  • チームナーシングプライマリーナーシングを採用しており一人の患者さんにしっかり関わることができ、患者さんを通してがん看護を学べる

がん性疼痛、緩和ケア、がん化学療法看護、がん放射線療法看護、乳がん看護、感染管理などの認定看護師も院内の充実した教育から目指しやすいといえます。キャリアアップしたい人には、うってつけの病院ではないでしょうか。

 

九州がんセンター 看護師の採用情報

九州がんセンターも、前出の『九州医療センター』と同様、国立病院機構の病院ですが、求人情報を看護師転職サイトで検索することができました(2016年3月)。

p26858_kyusyugan_center_saiyou2

こちらも、初任給はやや安めですが、福利厚生がしっかりしている、共済保険に加入できるなど、待遇が期待できそうです。

参照:医療WORKER 求人情報

 

3.福岡和白病院

p26858_fukuoka_wasiro_T

参照:福岡和白病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 最新の医療機器を備え、24時間ERの救急体制による救急患者の受け入れを行い、トリアージによって迅速で適切な治療を提供している(トリアージナースがいる)
  • 患者搬送用のホワイトバードの運用を提携病院(福岡和白病院福岡新水巻病院新小文字病院新行橋病院の計4病院)間でおこない、ドクターヘリだけでは補えない救急搬送に貢献している
  • 賞与が年3回あるのが嬉しい
  • 社員旅行や保養施設、ヤフードームの年間指定席が利用できるなど、リフレッシュするためのさまざまな福利厚生がある
  • 看護師だけでなく医師なども部門間の壁を超えて講師陣となり、クオリティの高い教育で学ぶ意欲をサポートしている
  • 国内外に問わず幅広く研修活動をおこなっている
  • 病院自体は最新の高度な医療機器を持っており、救急、災害看護を学びトリアージナースなどのスペシャリストを目指すこともできる

民間病院でありながら、救急搬送ヘリを運用していたり、PETセンターガンマナイフセンターなどの先進医療にも取り組んでいる病院です。

学ぶ意欲の高い方におすすめ!な病院であることは、間違いないでしょう。

 

福岡和白病院 看護師の採用情報

看護師転職サイトで、福岡和白病院の求人情報が検索できました(2016年2月)。

p26858_fukuoka_sekijuji_saiyou

駅からはやや遠いようですが、車通勤が可能です。
さまざまな手当てが付くようですので、働き方によっては、給与はやや高めでしょうか。

参照:看護のお仕事 求人情報

 

福岡市内の専門性を追求できる3病院

福岡市内には、200床を超える規模の病院がとてもたくさんありますが、その中でも診療科などに特徴を持ち、専門性を追求できそうな

  1. 福岡病院(病床数360床)
  2. 福岡市立こども病院(病床数233床)
  3. たたらリハビリテーション病院(病床数213床)

の3病院を今回は紹介します。

1. 福岡病院

p26858_fukuokabyouin_t

参照:福岡病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 呼吸器内科、小児科に力を入れており、専門医が多く在籍している
  • 呼吸器の病棟では24時間365日の入院受け入れが可能
  • 重症心身障害病棟を新設しており、脳性麻痺や呼吸不全で人工呼吸器管理が必要な児を含む、さまざまな心身障害児の生活の質を考えた看護を行っている

呼吸器、小児科が主体の病院のようです。重症心身障害病棟もあるため、急性期看護とはまた違った看護を学べるのではないでしょうか。

高齢者や障害者が安心して療養できる”医療と介護”を提供し、専門性のあるリハビリにより生活機能の向上を目指し、社会復帰、家庭復帰を援助しているようです。

 

福岡病院 看護師の採用情報

福岡病院も、『国立病院機構』の病院。つまり、前出の『九州医療センター』と求人情報は同様です。

福利厚生がしっかりしつつ、専門性の高い看護を学ぶことができます。興味のある人には、ぜひとも挑戦してほしい病院の1つです。

参照:福岡病院看護部

 

2. 福岡市立こども病院

p26858_fukuokasi_kodomo_byoin_T

参照:福岡市立こども病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 周産期の胎児から子ども全般を対象にした病院
  • 周産期センター(産科病棟、NICU、GCU)、小児の集中治療センター(PICU、HCU)を備えており、あらゆる小児疾患に対応できる
  • 病院内に、小学校や中学校も併設されている
  • 2014年に新設された病院で非常にキレイ
  • 2015年より、入院または通院している20歳未満の患者さんと付添家族が利用できる『ふくおかハウス』を運用開始。遠方から治療に来られる家族が治療に専念できるようサポートしている

病床数は233床ですが、小児に特化した病院では、大きい方ではないでしょうか。
福岡市立こども病院では、『小児医療のあらゆることが学べる』と考えてよさそうです。

日本は少子高齢化が進み、子どもの数は減っています。でも病気で苦しむ子どもたちは、一定数いますので、やはり”子どもに特化した病院”は必要なんです。

その点、この福岡市立こども病院は、九州地域全般をカバーするだけの許容量がある病院のようです。

 

福岡市立こども病院 看護師の採用情報

福岡市立こども病院の看護師求人情報は、看護師転職サイトでは、有益な情報を見つけることができませんでしたが、学生さん向けの就職サイトで、見つけることができました(2016年3月)。

p26858_fukuokasi_kodomo_byoin_saiyou

ここは市立病院なので、市の共済保険に加入できるようです。院内に保育室も完備!
初任給はやや低めですが(公立ですしね)、認定看護師などの資格取得支援制度があるようです。

学生さんや、小児医療に興味があるアナタ!小児医療の最前線で働いてみませんか?

参照:マイナビ看護学生 求人情報

 

3. たたらリハビリテーション病院

p26858_tatara_riha_T

参照:たたらリハビリテーション病院

病院の特徴と転職の際に気になるポイント

  • 回復期緩和ケアに特化した病院
  • 高齢者障害者安心して療養できる医療と介護を提供し、専門性のあるリハビリにより生活機能の向上を目指し、社会復帰、家庭復帰を援助している
  • 緩和ケアとして、苦痛の軽減とその人らしい最期を迎えるためにチームで協働している
  • 患者さんやそのご家族が望むところで療養できるよう、地域のネットワークを広げて安心して住み続けられる街づくりを目指している

社会や家庭に向けて復帰するための支援、より良い死に向けての支援、患者さんひとりひとりの状況に合わせた看護の必要性など、多くのことを学べる病院のようです。

 

たたらリハビリテーション病院 看護師の採用情報

たたらリハビリテーション病院の中途求人情報を、転職サイトで探すことができました。(2016年3月)

p26858_tatara_riha_saiyou

駅からはやや遠いですが、車通勤が可能のようです。
また、こちらには載っていませんが、未経験・ブランク可というところもウレシイですね。24時間保育も可能と福利厚生体制も魅力です。

参照:看護のお仕事 求人情報

たたらリハビリテーション病院の求人情報を検索すると、他にも、日勤常勤や夜勤常勤の募集もあるようです。いろいろな働き方ができそうな病院ですね。

 

おわりに

福岡市は、西の大都市であり、病院の数も多いです。

大病院も複数ありますが、中でも特徴のある病院や、300~500床のいわゆる”地域の中核病院”となりえるような、存在感がある病院が多いのではないでしょうか。

病院が多い分、やはり待遇や福利厚生がしっかりした病院も多いといえます。

1つの市にこれだけ、”国立病院機構”や”市立病院機構”といった、母体がしっかりした病院が集中しているというのも、地域性なのかもしれません。

看護師になるだけなら、頑張れば誰でもなれます。重要なのは、「自分がどのような働き方がしたいのか」ということです。

周りに流されることなく、自分が本当に働きやすい病院を、妥協せずに探してくださいね。

求人情報を見極めるためには、転職サイトへの複数登録が基本!これにより、さまざまな求人情報をカバーできたり、色々なコンサルタントの意見を聞くことができるはずです。

まずは、看護のお仕事をはじめとする看護師専門の求人サイトを見て、実際にどんな求人情報がでているのか見てみるのも良いでしょう。

 

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!