不整脈の診断

不整脈の診断【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 不整脈の基礎について理解を深める

不整脈の分類

頻拍不整脈(脈拍数が100回/分より速い)

心房性(上室性)

  • 洞頻脈
  • 心房期外収縮(APC)
  • 発作性上室頻拍(PSVT)
  • 心房粗動(AFL)
  • 心房細動(AF)
心房細動には徐脈性のものもある

心室性

  • 心室期外収縮(VPC)
  • 心室頻拍(VT)
  • 心室細動(VF)

徐脈性不整脈(脈拍数が60回/分より遅い)

房室ブロック

  • 1度房室ブロック
  • 2度房室ブロック(ウェンケバッハ型、モビッツⅡ型)
  • 3度房室ブロック

洞不全症候群(SSS)

  • Ⅰ群:洞徐脈
  • Ⅱ群:洞房ブロックあるいは洞停止
  • Ⅲ群:徐脈頻脈症候群

その他

  • QT延長症候群(LQTS):先天性あるいは後天性
  • 早期興奮症候群(WPW症候群、LGL症候群 など)

不整脈のタイプ別、症状、所見、治療法など

心房期外収縮(APC)

症状

  • 通常は無症状であることが多い

検査所見

  • 心電図において、洞調律よりも先に、異所性P波が出現する

治療法

  • 特に治療の必要はないが、自覚症状が強い場合はβ遮断薬などの薬物療法を行う

発作性上室頻拍(PSVT)

症状

  • 突然起こり、突然治まる動悸(頻拍感)が特徴であり、重症の場合はめまいや意識消失が起こる

検査所見

  • 心電図にて規則正しいRR間隔と、狭い幅のQRS波の連続、140~220回/分程度の頻脈が見られる

治療法

  • 迷走神経刺激法、薬物治療、カルディオバージョンなど
    ※根治療法としてカテーテルアブレーションなども行われることがある

心房細動(AF)

症状

  • 動悸、心拍の不整

検査所見

  • 心電図にてP波がみられず、RR間隔の不整や、心房細動波(基線が細かく動揺する)を認める

治療法

  • ワ―ファリンの内服による抗凝固療法、β遮断薬、Ca拮抗薬の内服、カルディオバージョン、根治療法としてカテーテルアブレーションなど

心房粗動(AFL)

症状

  • 突然始まり、突然終わる動悸

検査所見

  • 心電図にて一定の粗動波が見られるごとに、1つのQRS波が生じる

治療法

  • カテーテルアブレーションなど

心室性期外収縮(VPC)

症状

  • 動悸などがみられることがある

検査所見

  • P波がなく、後に正常とは異なる幅の広いQRS波を認める

治療法

  • 心室頻拍や心室細動へとつながる危険性がある場合、リドカインなどの薬物療法を行う

心室頻拍(VT)

症状

  • 動悸、息切れ、めまい、失神、意識消失などが認められる

検査所見

  • 心電図にて幅の広いQRS波が連続して見られる

治療法

  • 30秒以上VTが続いている場合、状況に応じてNaチャネル遮断薬、ベラパミル、ATP、アミオダロン、ニフェカラントなどの薬剤治療を行う
  • 血行動態が不安定な場合、カルディオバージョンの施行
  • 根治療法として、カテーテルアブレーションを考慮する場合もある
異所性興奮を亢進させるため、ジギタリス製剤は禁忌

心室細動(VF)

症状

  • めまいの直後、失神が起こる
  • 脈拍触知不能

検査所見

  • 心電図にて無秩序な波形が連続して見られる

治療法

  • すぐに心肺蘇生術(BLS)を開始し、可能な限り早期に除細動施行を開始する
  • 3回の除細動でも改善が認められない場合、二次救命処置(ACLS)の開始
  • エピネフリンあるいはバソプレシンを静注し、再度除細動を施行
  • 効果が認められない場合は、リドカイン、アミオダロン、ニフェカラントを静注し、再度除細動を行う

1度房室ブロック

症状

  • 特にない場合が多い

検査所見

  • 心電図にてPQ間隔の延長がみられる

治療法

  • 特に何もせず経過観察

2度房室ブロック(ウェンケバッハ型)

症状

  • 特にない場合が多い

検査所見

  • 心電図にてPQ間隔の延長が徐々に見られ、3拍目のPQR波が脱落する

治療法

  • 特に何もせず経過観察

2度房室ブロック(モビッツ型)

症状

  • 動悸・失神発作・心不全が起こる場合がある

検査所見

  • 心電図にてPQ間隔の延長は見られないが、P波の後に続くQRS波が突如、脱落する

治療法

  • 心筋梗塞など可逆性の原因がある場合は原因除去を行い、経過観察とする
  • 可逆性の原因が認められず、ペースメーカー適応となる場合はペースメーカー植え込み術施行
  • 可逆性の原因が認められず、ペースメーカー適応でない場合は、アトロピンやイソプロテレノールなどの薬物治療

3度房室ブロック

症状

  • 動悸・失神発作・心不全が起こる場合がある

検査所見

  • 心電図にてP波のあとにQRS波が続くことはなく、それぞれが独立したリズムで現れる

治療法

  • 2度房室ブロック(モビッツ型)の治療に準ずる

洞不全症候群:洞徐脈

症状

  • 息切れ・倦怠感が起こる場合がある

検査所見

  • 心電図にて脈拍数が50回/分よりも遅い

治療法

  • 症状がない場合は特に何もせず経過観察

症状がある場合

  • 電解質異常や薬剤など可逆性の原因があるときは原因除去を行い、経過観察
  • 特に可逆性の原因がなく、ペースメーカー適応となる場合はペースメーカー植え込み術施行
  • 可逆性の原因が認められず、ペースメーカー適応でない場合は、アトロピンやオルシプレナリン、イソプロテレノールなどの薬物治療

洞不全症候群:洞房ブロックあるいは洞停止

症状

  • めまい、易疲労感、失神発作が見られる場合がある

検査所見

  • 心電図にてP波の脱落と補充収縮が認められ、PP間隔は規則性がなく広くなる

治療法

  • 洞性徐脈の治療に準ずる

洞不全症候群:徐脈頻脈症候群

症状

  • めまい、易疲労感、失神発作が見られる場合がある

検査所見

  • 洞房ブロックまたは洞停止による心停止は、発作性上室性頻拍(PSVT)、心房細動(AF)、心房粗動(AFL)などの上室性頻脈性不整脈の停止時に認められる

治療法

  • 洞性徐脈の治療に準ずる
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!