いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、631トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

CVポートの管理

CVポートの管理【いまさら聞けない看護技術】

目次

  1. 目的
  2. 必要物品
  3. 準備
  4. 方法
  5. 観察項目
  6. アセスメント
  7. 注意点

目的

  • CVポート埋め込み後のポート留置中の管理と観察項目などについて理解し、ケアを行う

必要物品・準備(薬剤を注入する場合)

必要物品

  • 消毒セット(綿球、セッシ、消毒薬など)
  • シリンジ(20ml)
  • 生理食塩液(20ml)
  • 固定用テープ
  • ドレッシング材、絆創膏
  • ヒューバー針
    ※翼に対し針が垂直で針先が曲がっている
  • ディスポーザブル手袋・エプロン・マスク
  • 医療廃棄物廃棄容器

準備

  1. 実施者の装備を整え、ヒューバー針の準備をする
    • 処置の前後で手指衛生を行い、感染予防のためディスポーザブル手袋・エプロン・マスクを装着する
    • 輸液ボトル・ルートを作成し、すぐ接続できるようにしておく
    • ヒューバー針の内部を生理食塩液で満たし、空気が全部出たことを確認後、クランプしておく
  2. ポート部を露出させて、皮膚異常がないか確認する
    • ポート挿入部の発赤や疼痛、腫脹、硬結、排膿の有無

方法

    1. ポート部の消毒を行う
      • 消毒綿球でポートの中心から外側に向かい円を描くように、10~13cmの範囲を消毒し、消毒液が十分乾燥するまで待つ
    2. ヒューバー針でポート部を穿刺する
      • 利き手でないほうの手でポートの位置を触診で確認する
      • 親指・人差し指・中指で三角形を作りポートを囲むように固定する
      • ヒューバー針を持ち、利き手の親指・中指で垂直に立てたフィン状グリップを持つ
      • 人差し指の指先をウィング部前方のパッド部に置く
      • 針先がタンクの底に当たり、コツンとした感触があるまで進める
        ※針の刺し方が浅いと、セプタム(針を刺す場所)から針が外れ薬液が皮下に漏出する可能性がある

      針の刺し方のコツ
      cvport

    3. 血液の逆流を確認する
      • 穿刺位置、カテーテルの閉塞や破損・断裂がないことを確認する
      • ヒューバー針につけたクランプを開放し、シリンジでポート内の液体を吸引する
        ※製品により逆血ができない構造のものもあるため注意
      • 逆血確認後、10~20mlの生理食塩水で、カテーテル内に対流が起こるようゆっくり洗浄する
      • パルシングフラッシュ法(押す、止める、押す、止めるという波を生じさせるような動作を続けて行う)を用いて洗浄効果を高める
        ※残留血液や凝固した薬剤が流れず残る可能性がある
    4. ヒューバー針を固定し、薬剤を注入する
    5. 洗浄後クランプし、フィルムドレッシング材で穿刺部を覆う
    6. 抜去予防のためルートを一度ループを作りテープ固定する
    7. ヒューバー針と点滴用ルートを接続し薬剤を注入後、点滴が滴下している事を確認する
      薬剤投与中に薬剤漏出の徴候(ポート部の疼痛、腫脹、発赤、注入の抵抗、滴下不良)がみられた場合、直ちに注入を中断し適切な対応をする
      患者にも上記症状を説明し、症状出現時はすぐに知らせるよう説明しておく
    8. 薬剤注入後、カテーテルをロックする
      • 針のクランプを閉じる
      • 生理食塩液でカテーテル内の薬剤を洗い流す
        • オープンエンドカテーテル:ヘパリン生理食塩液10mlを注入、カテーテル内に残った薬剤を洗い流し注入しながらクランプする
          ※出血傾向患者の場合、ヘパリン使用を医師に確認
        • グローションカテーテル:生理食塩液で洗い流し、注入しながらクランプする
    9. 抜針し、穿刺部を保護する
      • 片手で患者の皮膚を押さえ、ヒューバー針を垂直に引き抜き、穿刺部に絆創膏を貼る
        ※斜めに引き抜いた場合、周囲の組織を損傷する可能性がある
      抜針後に出血がある場合:
      滅菌ガーゼで圧迫止血し、改善がない場合は医師へ報告する
    10. CVポート留置中は合併症に注意し観察を行う

    観察項目

    • 患者の基礎疾患、出血傾向の有無
    • 穿刺部の皮膚状態
      ※発赤、腫脹、浸出液や硬結の有無
    • 感染徴候の有無
    • カテーテル挿入時の合併症の有無
      ※閉塞、位置異常など
    • 薬剤注入時の抵抗の有無
    • 点滴の自然滴下の有無
    • 穿刺針挿入時の疼痛の有無
    • 薬剤注入中のバイタルサインの変化(不整脈の有無)や疼痛・違和感の有無
    • 抜針後の穿刺部からの出血の有無確認

    主な合併症と対応について

    • 感染:感染症が疑われる場合はいったんCVポートの使用を中止する
      ※起炎菌を検索し、CVポート感染と診断された場合は速やかに抜去する
    • 潰瘍:潰瘍になる前に薬剤漏出の徴候の早期発見・対処する
      ※直ちに輸液を中止する
    • 血栓:血栓形成早期であればウロキナーゼ投与により溶解する場合もあるが、薬剤配合変化による沈殿物の場合は溶解不可
    • カテーテル閉塞:穿刺時の血液逆流がない・注入時の抵抗がある場合は注意する
    • ポート反転:外科的再処置が必要
    • カテーテル先端位置異常:血管壁の損傷・穿孔、先端が右房に迷入した場合、不整脈を引き起こす
      ※ポートの再留置が必要

    アセスメント

    • 適切な方法でポートより穿刺し、薬剤注入、抜針が行えたか
    • ポート留置中の合併症に注意し、異常の早期発見・対処に努めたか
    • 処置するに当たり、感染予防策が取れたか

    注意点

    • セプタム(針を刺す場所)と皮膚へのダメージを軽減できるように、穿刺部位を少しずつずらして行う
    • CVポートは化学療法に多用され、薬剤漏出は重大な合併症となる
    • 穿刺時は必ず血液逆流により確実に血管内にアクセスできている事を確認する
このページを友達に教える

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
全国の求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国求人、こちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースではたらこ 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!