いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

めまいを繰り返す患者のケアのポイント

めまいを繰り返す患者のケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • めまいを繰り返す患者に適切な看護を行う

疾患の概要

  • 脳血管障害で起こるめまいや、良性発作性などの気質的な原因がある訳でもないのに、何度もめまい症状を訴える患者は少なくない
  • 心身症を伴っていることもあるため、患者の生活状況(職種や心身症・神経症などの既往の有無、日常生活のパターン、家族背景など)に関する十分な情報収集が必要である
  • 患者のストレスや不安状態などの心理状態を比較的簡便に知る手掛かりとして利用価値があるSTAI検査を行う場合がある
  • めまいの訴えがある患者で心身症が疑われる場合
    • いつまでも、めまいの症状が持続する
    • 何度も眩暈発作が起こる
    • 自律神経失調症の症状(立ちくらみ、動悸など)
    • 転職、離婚、リストラも失恋など、急激な環境の変化があった場合
    • 不眠や肩こりなど不定愁訴を伴っている場合

治療

  • めまいが反復する患者は、不安や緊張感によるストレスが増強しやく、これにより再びめまい発作を起こすといった悪循環に繋がりやすい
  • 基本的には内服治療(自律神経薬や抗不安剤など)を行う

観察項目

  • めまい発作出現の頻度、持続時間
  • 自律神経失調症の症状の有無
  • 不定愁訴の有無
  • 急激な環境の変化の有無

アセスメント

  • 症状の軽快が認められなかったり、患者の言動や行動に何がしかの違和感がある場合は、うつ病や統合失調症などの精神病も考慮し、医師と相談の上、専門家の紹介することを検討する

看護のポイント

  • 医師とも連携を取り、患者との信頼関係の構築に努める
  • 患者の訴えを十分に聴き、心理的あるいは社会的状況を理解するよう努める
  • 患者自身が、自分の置かれている状況を自覚できるように配慮する
    • 自分の生活状況を記載できるような観察日記を書くことを勧める
    • 自らの言葉で答えてもらえるような「気づきをもたらす質問」をするなど
  • めまいの検査を十分に行った上で、現状を説明し、安心感を得られるよう努める
  • ストレス緩和ができる方法を促す(ストレッチ、ウォーキング、ジョギング、水泳、十分な睡眠をとる、自律訓練法を行うなど)
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!