いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

音声機能検査の介助

音声機能検査の介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 音声機能検査をする患者に適切な介助を行う

観察項目

  • 検査の理解度
  • 検査結果からわかる現在の病態

アセスメント

  • 音声機能検査の検査法には、大別して音響分析法と聴覚心理学的検査がある
  • 検査の特性と治療の効果判定の関連性について理解しているか
    • 音響分析
      • マイクロホンを通した音声に関し、振幅の振動指数(APQ)、周波数の変動指数(PPQ)および規格化雑音エネルギー(NNE)というパラメータで音声信号を測定する
    • 聴覚心理学的検査
      • 嗄声の質と程度を共通の尺度(GRBAS尺度)で患者の声を耳で聞き、聴覚印象評価を行う
      • GRBAS尺度とは
        • G(grade):総合的な音声の嗄声度を表す
        • R(rough):粗さ(がらがらした声)
        • B(breathy):気息性(息もれする声)
        • A(asthenic):無力性(弱々しい声)
        • S(strained):努力性(いきんだような声)

         の頭文字をそれぞれ並べたものであり、各程度を0~3の段階で評価する

    • 最大発声持続時間(MPT)
      • 肺活量と声門閉鎖の程度が影響する検査である
      • 息を深く吸った状態に続き、「エー」と可能な限り長く発声を行い、その持続時間を測る
      • 正常では15秒以上だが、声帯ポリープなどで声門の閉鎖が不十分だと、秒数は短縮される
    • フォノラリンゴグラム
      • 1回の発声で大きさ(dB)、声の高さ(Hz)、検査時の呼気流量の測定が可能である
      • 正常では、声の強さは60~90 dB、声の高さは話声程度(普通の会話)で男性100~ 160 Hz、女性140~280Hz、呼気流量は130~180ml/秒である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!