膿瘍腔の管理

膿瘍腔の管理【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 膿瘍腔の管理について理解を深め、適切なケアを行う

観察項目

  • 排液の色・量・性状・臭いの変化
  • 発熱、腹痛、倦怠感の有無

アセスメント

  • 膿瘍は汚染された体液が体の中に貯留したものであり、体の中に発生した細菌などが原因で生じ、発熱や疼痛などの症状が起こる
  • 腹腔内で起こる感染症の中で最も多いのは腹膜炎であり、膿が貯留した状態が腹腔内膿瘍である
  • 腹腔内膿瘍は、手術中に開放された消化管から細菌が漏れ出し、腹腔内が汚染されて膿が形成される、あるいは術後に膿が残ったままの状態となって起こる
  • 術後の経過中に膿瘍を形成する場合、消化管吻合部から腸の内容物の漏出しにより起こることが多い

膿瘍腔の好発部位

  • ダグラス窩
  • モリソン窩
  • ウィンスロー孔または肝下面(胆汁が漏出しやすい)
  • 左右の横隔膜下
  • 左右の傍結腸溝
  • 死腔となっている部位(肝切除後、マイルズ術後など)
膿瘍腔は術後1週間以内に起こることが多い

治療

  • 経皮的または外科的ドレナージを施行する
  • 補助的に抗生物質の投与を行う
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!