COPD患者(慢性期)に対する看護ケア

COPD患者(慢性期)に対する看護ケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • COPD患者(慢性期)に対する看護ケアについて理解を深め、適切なケアを行う

ケアのポイント

  • 禁煙、呼吸リハビリテーション、運動療法や薬物療法などが効果的に行えるよう援助する
  • 他職種との連携を図りながら、状況に応じたケアを検討する
  • 慢性期における目標:自覚症状の改善、QOLの向上、運動耐容能の維持・向上
  • 在宅酸素療法(HOT)や在宅人工呼吸療法が必要となる場合もある
    • 患者や家族に対し、管理方法についての説明を十分に行い、管理手技を身に付けるよう指導する
  • 社会的な役割を担えなくなることも多いため、精神的サポートも重要になる

観察のポイント

  • 呼吸状態の安定化を図りながら、退院後の自己管理のために必要な知識、技術などが習得できているか確認(観察)を行う

計画の実際

気道のクリアランス

  • 気道内分泌物を排出させるため、咳嗽を促す
  • 必要時、スクイージングを施行する
  • 自己排痰や呼吸方法の習得に向けた援助を行う
  • 循環機能に問題がなければ、水分摂取を促し、痰の粘度を低下させる

呼吸困難の緩和

酸素療法

  • HOTを導入する場合、日常生活におけるさまざまな場面(歩行、食事、入浴、排泄など)で、必要な酸素吸入量を検討する
  • インターフェイスは、退院後の生活を考慮して選択する

非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)

  • NPPV導入となった場合
    • 在宅でも実施可能な管理方法や操作について検討する
    • 患者や家族と相談しながら、一緒に検討する
患者のアドヒアランス向上のために、日々の頑張りを讃えることも重要

ADLの維持

  • 呼吸困難が生じやすい動作を、患者とともに確認する
    • 例:息を止める、努責をかける、反復運動、腹部の圧迫、上司の挙上など
  • 呼気を意識してもらいながら、口すぼめ呼吸を促す

栄養管理

高カロリー食

  • 体重を定期的に図り、増加させることよりも維持していくことを目標とする
  • 栄養素が燃焼する時に消費された酸素量と、産生される二酸化炭素量の対象比率が少なく、カロリーが高い脂質の摂取を促す
  • 便秘により努責をかけることを予防するために、水分摂取を促す
  • 栄養補助食品などの摂取も検討し、経口摂取ができない場合は輸液による栄養管理を行う

心負荷を軽減する援助

日常生活援助

  • 退院後の生活に向け、必要な場面だけ介助を行うよう心がける
    ※過剰な負担を避けるためには、呼吸状態とADLに対するアセスメントが必要
  • 心臓に負担をかけやすい動作について、患者・家族からの理解を得るため、歩行・食事・入浴・排泄など、日常生活におけるさまざまな場面での脈拍数やSpO2の変化と、その意味を伝える

精神的サポート

不安の軽減

  • 患者や家族の思い、意見、苛立ち、予後に対する不安などを受け止め、理解を示す
  • 急性増悪時の対応について、理解を得るまで十分に説明する
  • 場合によっては人工呼吸器を装着することもあるが、患者や家族の思いを傾聴しながら、意思決定に対する援助を行う

疾患を受け入れるよう支援する

  • 言葉だけでは伝わらない部分は、図・表・イラストなど、視覚的な情報とともに、わかりやすい説明をする
  • 患者や家族の認識や考え、行動などを一度は受け止め、理解を示す
  • 誤った認識や行動については、なぜそう思うのか、なぜそう行動するのかを確認した上で、必要に応じた修正を行う

プライドを尊重する

  • できないことに焦点を当てるのではなく、できていることに注目して”認める”ことが必要
  • 可能な限り、できることは自分で行ってもらい、モチベーションの向上に努める
  • 家族や社会の中で、自己が果たしている役割について、患者自身が認識できるように伝え、称えることも必要

環境調整

  • 家族の理解を協力を得るために、家族とも良好な関係を構築する
  • 在宅での療養に切り替える際には、社会資源の利用状況について確認を行う
  • 在宅での療養がスムーズに始められるよう、情報提供をしながら、退院後の調整を行う
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!