認知症ケアの実際 7 生活環境

認知症ケアの実際 7 生活環境【いまさら聞けない看護技術】

 目的

  • 認知症ケアの実際(生活環境)について理解を深め、適切なケアを行う

”生活環境におけるケア”が必要となる理由

  • これまでの医療施設は主に「病気を治療する場」に重きが置かれてきた
    • しかし近年、施設は疾患を持ちながらも「生活をする場」となりつつある
    • 生活環境を整えることの重要性が見直されている
  • 認知症の人を受け入れる施設などでは、本人たちがこれまで暮らしてきた環境や、個人の好みを大切にした環境を整えるケアが重要である
  • 環境の変化にともない、症状が悪化する場合もある
  • 楽しみや生きがい、安全性を考慮した環境づくりに配慮する必要性がある

ケアのポイント

居心地の良い空間づくり

  • 個人の生き方、嗜好、趣味に合った部屋づくりを意識する
  • ほかの利用者とともに過ごせる場を設ける
  • 少人数で語らいができる場を提供する
  • プライベートな時間を楽しめる空間をつくる など

これまでの生活環境に合わせた道具を使用する

  • これまで慣れ親しんでいた布団やイス、食器などを使う
  • 電子機器類など、なじみが薄いものはできるだけ取り入れないようにする など

「現在」が認識できるような関わりを行う

  • 日めくりカレンダーを置き、その日の月日を伝える
  • 訪室時などに時間を伝える
  • 春夏秋冬がわかるような季節柄のものを置く
  • 季節に合った花や写真を飾る など

機能性・安全性などを重視した環境整備

  • 環境を複雑な構造にせず、本人が動きやすい形へと整える
  • 段差のあるところは注意を促し、必要時は見守り歩行をする
  • 歩きやすいよう手すりを設置する

アセスメント

  • 治療ではなく、生活重視の視点で環境が整えられているか
  • 環境の変化に対する不安や、ストレスによる症状が出現していないか
  • ケアする側にとっては慣れたものでも、利用者にとって不慣れなものはないか(ウォシュレットなど)
  • 仲間同士で集まる際、人間関係を考慮した配置や、グループにすることを考慮できているか
  • 喜び、安心、楽しさなど、陽の感情を満たす要素が、十分に反映されているか
  • 日時や季節など「いま」が理解できるように工夫ができているか
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!