輸血の基礎 7 輸血後GVHDとは

輸血の基礎 7 輸血後GVHDとは【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 輸血後GVHDについて理解を深め、適切なケアを行う

輸血後GVHDとは何か

定義

  • 拒絶反応により患者の体組織が攻撃、傷害されることによって起こる病態を輸血後GVHDという
    • 輸血用血液製剤中に含まれている供給者(ドナー)のリンパ球にとって、輸血を受けた患者の体は非自己であり、拒絶反応を起こすことがある
  •  輸血後1~2週間で発熱・紅斑が主症状として現れ、肝障害や下痢、下血などの症状を伴う
  • 同時に、骨髄無形成、汎血球減少症、多臓器不全を呈する
  • ほとんどの場合、輸血後1カ月以内に致死的経過をたどる

症状

  • 発熱
  • 紅斑
  • 下痢
  • 下血
  • 肝障害

原因

  • 輸血されたリンパ球(特にCD8リンパ球)の拒絶ができない場合(免疫不全状態)
  • HLA(ヒト白血球抗原)の組み合わせにおいて、輸血されたリンパ球の拒絶ができない場合(健常者にも起こる)
免疫不全状態のときよりも、HLAの組み合わせの問題で起こる確率の方が高い

輸血後GVHDの転帰

輸血直後~10日前後

  • 輸血用血液製剤中のTリンパ球増殖が起こる

輸血後1~2週間

  • 高熱、紅斑、下痢、下血、肝障害などの症状が出現

輸血後10~20日間

  • 汎血球減少症、紅皮症が起こる

輸血後20日前後

  • 出血、感染、腎不全が起こる

輸血後1ヶ月以内

  • 多臓器障害により死亡

輸血後GVHDの危険因子

  • 全血製剤使用時(特に新鮮血)
  • 開胸術・開心術時の輸血
  • 近親者間の輸血
  • 新生児・未熟児
  • 男性
  • 50歳以上の高齢者

輸血後GVHDの予防策

  • 放射線照射が行われている血液製剤を用いる
  • 近親者間輸血をしない
  • 可能な限り、自己血輸血で対応する
  • 全血輸血をしない(特に新鮮血)
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!