いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、631トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

温罨法

温罨法【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 温罨法の場合、局所の血管拡張、血液やリンパ液の循環促進、細胞の新陳代謝を促す、知覚神経に作用して筋の緊張を和らげる効果がある
  • 腹部や背部・腰部への温罨法は、腸蠕動を促し自然な排ガス・排便を得る
  • 腰部・背部への温罨法は、自然排尿を促す効果もある

必要物品・準備

  • フェイスタオルなど、温罨法に使用するタオル類
  • ゴム手袋(看護師の手をお湯から守るため)
  • お湯
  • お湯を張るためのベースン
  • バスタオル、ビニール布など

方法

  1. 患者さんに、温罨法の必要性を説明し、理解と協力を得る
  2. 患者さんにとって安楽な体位をとり、罨法を行う部位を露出させる
    • 腹部、腰部、背部などの場合、直前までバスタオルなどで覆っておく
    • 必要に応じて、皮膚保護剤やオリーブオイルなどを塗布しておく
  3. ベースンに適温(70℃前後)のお湯を張り、数枚重ねたフェイスタオルを湿らせる
    • この時、タオルを九十九折や、重ねて扇子折りにすると中までお湯が浸透しやすい
  4. タオルの両端を持って絞り、最後に固く絞る
  5. 看護師の前腕などでタオルの温度を確認し、振るように広げながら調節する
  6. 適切な部位に貼付する
    • 熱さを感じる温度は患者さんによって違うので、患者さん自身が我慢できる範囲での熱さを保つ
  7. 貼付したフェイスタオルの上に、ビニール布とバスタオルをあてがい、看護師の手のひらで数秒間押さえる
    • こうすることで貼付したファイスタオルが密着し、タオル表面温度の下降を防ぐ効果がある
  8. およそ10分程度貼付し、その間はリラックスできるよう援助する
  9. 貼付後は、乾いたタオルで湿気をしっかり拭き取る

観察項目

  • 貼付中から貼付後にかけて、皮膚の発赤や疼痛などがないことを確認する
  • 腸蠕動を促す目的で行った場合、蠕動運動の有無を確認し、排ガス・排便の有無を確認する

アセスメント

  • 目的に対して適切な方法で行ったか
  • 目的は達成できたか

注意点

  • 栄養状態の不良・知覚の鈍麻などがある場合、または乳幼児や高齢者に実施する場合は、タオルの温度に注意する
    ※看護師が適温と感じても、患者さんにとって適温とは限らない
  • 一部だけが肌に触れるような貼付、長時間の実施などは、接触部位に組織障害を起こすことがある
  • 炎症が起きている箇所、何らかの受傷の急性期は禁忌となる
このページを友達に教える

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
全国の求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国求人、こちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースではたらこ 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!