いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

フットケアの基本 セルフケア状況の把握とアセスメント

フットケアの基本 セルフケア状況の把握とアセスメント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 患者自身の足への認識、フットケアを自分で行える状況にあるのか、これまでの足の手入れ状況はどうだったかを把握し、今後のセルフケアの計画立案につなげる

観察項目

患者自身の足への認識

フットケアの必要性の理解
フットケアや足病変への認識、自分の疾患やリスクに対する認識
足への関心度
自分の足の状態への関心度や心配な点

これまでの足の手入れ状況

足の観察
観察の習慣の有無や頻度、足の観察を行うタイミング
足や爪の手入れ
清潔維持の方法や頻度、爪の手入れの方法や頻度
靴や靴下の清潔
靴下を取り換える(洗う)頻度、靴の手入れの頻度、靴を取り換える頻度
足の保護
素足での生活状況、足を拭くタオルやスリッパの他人との共用、生活上で足への受傷リスクの有無

サポート体制

家族や介護者
セルフケアを助けてくれる人はいるか、それは誰か

患者自身の考え

肯定的か否定的か
「やりたい」「やれそう」と思うか、逆に「やりたくない」と思うか、それぞれの理由
不安要素
不安に思うことはあるか、その理由

アセスメント

患者自身の足への認識

  • フットケアの必要性をどの程度理解しているかによって、今後のケアの計画、セルフケアの進め方が変わってくる
  • 足への関心度、フットケアや足病変に対する知識、自分の疾患・リスクに対する認識が低い場合、ただやり方を伝えるだけでは継続できない
  • 患者が興味を引く内容は何か、どのように説明すれば患者自身が納得して行えるのかを常に念頭におく

これまでの足の手入れ状況

  • 足の観察について、観察ポイントやタイミングの不足している点を考える
  • 足や爪の手入れが十分かどうか、方法は正しいかを把握し、不足しているポイントを考える
  • 靴や靴下を交換する頻度は患者によって違うが、その患者にとってどの程度の頻度が適切なのかを考える
  • 足病変の予防には足の保護が必要であることを説明し、改善点は何か、患者の生活上で可能な事かを考える

サポート体制

  • セルフケアが難しい状況にある場合、家族や介護者など、日常的に患者の身の回りの世話をするキーパーソンは誰なのかを把握し、場合によってはキーパーソンも含めたフットケア計画を立案する必要がある

患者自身の考え

  • 肯定的か否定的か、なぜそう思うのかによって、今後のフットケアやセルフケアの進め方が変わってくる
  • 否定的な場合、その理由を探ることで、肯定的な気持ちに誘導する必要もある
  • 不安要素がある場合、それを取り除けるような説明や、指導も必要となる
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!