認知症患者本人への問診

認知症患者本人への問診【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 認知症患者本人への問診について理解を深め、適切なケアを行う

概要

  • 認知症の診断は問診をはじめ、診察や検査結果などを加味して総合的に診断される
    • 画像検査や血液検査のみでの診断はできない
    • 問診や知能検査だけでの診断はできない
  • 問診の内容としては、症状、既往歴、ADL状況などがあげられる

問診の進め方

  • 以下の様子が確認できたら、認知症である可能性が高い
    • 簡単な質問に返答ができない
    • 何に関しても「できます」と答える傾向がある
  • 本人から正確に情報が得られない場合は、家族にも問診を行い、客観的な情報を得る

評価のポイント

問診により、認知症かどうかを見極めるポイントは、以下のとおり

  • 改訂長谷川式スケールや時計描画テストなどの検査を行った結果、明らかに点数が基準を下回った
  • 知能検査で基準を超える点数を取っても、家族などが本人の言動や行動に対する”異常”を指摘している
  • 知的障害は認められず、これまで普通に社会生活が可能であったが、日常生活に支障をきたすようになった
  • 意識障害(せん妄など)がないときに診察しても、認知症の症状がはっきりと出ている

アセスメント

  • 認知症の診断は、問診と知能検査を主体に行い、矛盾がないことを確認するために画像検査を行う
  • 症状と画像診断に食い違いが生じている場合、症状を優先させるとよいといわれている
  • 認知症には治療法によって、病状の進行を止めることができるケースがあるので、早期発見は重要である
  • 認知症の早期発見によって症状の進行が食い止められると、患者の自己決定権を尊重することが可能となる
  • 早期発見・早期治療により、本人だけでなく家族のQOLも高める効果が期待できる
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!