検体検査(病理検体)

検体検査(病理検体)【いまさら聞けない看護技術】

目的 

  • 安全に検体を取り扱う
  • 検体材料からの正確な検査データにより、診断および治療が受けられるよう援助する

必要物品・準備

  • 検査の目的に応じた検体容器
  • 伝票
  • 必要に応じデイスポーザブル手袋、マスク

方法

  1. 検査内容や必要性を説明する
     ※
    検査前の注意事項は口頭のみでなく、適宜パンフレットなどを使用する
  2. 検体採取の時間や条件が正確であるか確認し、検体採取を行う
  3. 検査に必要な検体の量を正確に採取する
     ※使用する検体容器や保存方法は医療機関ごとの取り決めに従う
  4. 検体間違いを起こさないため、必要事項の記載をすばやく行う
     ※患者のID、氏名、採取日時など
     ※同姓同名の混在をさけるため、場合によっては生年月日も記載する
  5. 速やかに検査室(病理室)へ提出する

アセスメント 

  • 検査目的に合った検体採取か、必要な量、必要な組織かを確認したか
病理検体の採取は基本的には医師が行うが、伝票管理、摘出された検体の管理は看護師が行うことも多いため、検査目的、必要量などは確認しておく

注意点

  • 検体間違いを起こさないよう、検査伝票には診療科名・患者名・性別・年齢・疾患名などを記載し、依頼医師・検査提出年月日も記載する 
  • 検体の残りや感染性廃棄物に関しては、各病院のマニュアルに沿って廃棄処理する
  • 食事、水分摂取の可否、安静の必要性など、検査内容により制限される事項が異なるため、医療機関ごとのマニュアルに従う
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!