MMTスケールによる筋力判定とは

MMTスケールによる筋力判定とは【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 各部位における筋力の状態を評価する
  • 患者の日常生活援助の具体的な提案・援助を行う

特徴

  • 道具を使用することなしに患者の骨格筋の筋力全てを0~5までの計6段階で評価する

筋力分類の基準

  • 0(O:ZERO)筋収縮は認められない
  • 1(T:TRACE)わずかに筋収縮が認められる
  • 2(P:POOR)重力を除外すれば全可動域が動く
  • 3(F:FAIR)重力に逆らって完全に動く
  • 4(G:GOOD)ある程度の抵抗を加えても、重力に逆らって完全に動く
  • 5(N:NORMAL)更に強い抵抗を加えても、重力に逆らって完全に動く

 

  • 評価時の大きなポイントは、担当する部位に該当する筋肉を用いて、重力に逆らって持ち上げることが可能かどうかという点である
  • MMT3以下の評価の場合は、再現性に優れているため、信頼度が高い
  • 全ての骨格筋に対し、評価が可能であるため、骨格筋ごとに行えば、筋力低下の原因がどこの運動障害により起こっているのかが明確になる

注意点

  • MMTは6段階の評価によって筋力の有無を評価できるが、各等級の間隔(0~5までの程度)は均一ではない
  • MMTは絶対評価ではなく、あくまでも該当する筋肉における相対評価なので、別々の筋肉を比較しても無意味である
  • MMTは指示が正しく理解できることが前提条件である

意識障害などで、前提条件を満たしていない場合

  • 痛み刺激を加えたときに、重力に逆らって払いのけ動作がある場合は最低でもMMT3との評価ができる
  • 痛み刺激を加えたときに、水平方向で全可動域の動きがあれば、MMT2との評価ができる
  • 全可動域ではなくても、ある程度の動きがある場合はMMT1との評価ができる
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!