鼻処置の介助

鼻処置の介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 鼻処置が適切に行われるように援助する

必要物品・準備

  • 鼻鏡(前鼻鏡、必要に応じて長鼻鏡・中鼻鏡)
  • 攝子
  • 鉗子(ハイマン、グリュンワルド)
  • 吸引管および吸引器
  • 綿棒
  • 鼻用コメガーゼ
  • 5000倍エビネフリン(ボスミン®) 
  • 4%塩酸リドカイン(キシロカイン®)
  • 各種軟膏
  • 内視鏡セット(状況に応じて) 

方法

  1. 鼻内所見を前鼻鏡で確認する
  2. 鼻粘膜に希釈ボスミンあるいは4%キシロカイン®などをスプレーで散布する
  3. 鼻漏や鼻汁を吸引管にて除去する
  4. 必要時、鼻内に綿棒を用いて薬剤を塗布する
小児の場合、処置操作時の体動が激しい場合があるため、処置時に鼻出血を起こしたりなどの危険性があるため、患児の頭をしっかりと固定するような介助をすることが重要である
成人の場合、処置時または処置が終了した後に疼痛が出現したり、稀に過緊張のために神経原性ショックを起こすこともあるので、全身状態に注意を払う
  • 中鼻道および上鼻道を十分に処置することによって換気を図り、吸引清掃にて洞内の貯留液の排泄を行うことで、病変および症状の改善を促す
  • 鼻腔内の鼻汁や鼻漏を十分に清掃する際には鼻入口部だけではなく、上咽頭付近まで処置を行う

観察項目

  • 疼痛の有無
  • 鼻出血の有無

アセスメント

  • 鼻内処置を行う場合、看護師は一般的に何が行われているかを直視できない(鼻内内視鏡を用いる場合は確認できる)ため、患者の頭位から予測する
    • 第1頭位:固有鼻腔の下半部の処置を行っている
    • 第2頭位:上半部の処置を行っている
  • 成人の場合、処置時あるいは処置終了後に神経原性ショックを起こすことが稀にあるが、その原因について理解し、観察を行っているか
    • 原因:過緊張、鼻内処置による痛み
    • 観察:全身状態、患者の表情など

注意点

  • 特殊な感染症がある患者の場合、感染者専用のトレーを事前に用意しておく
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!