体位管理 急性期を脱した時期

体位管理 急性期を脱した時期【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 急性期を脱した時期の患者に対し、適切な体位管理を行う
  • 拘縮や褥瘡を予防し、安楽な姿勢が保たれるよう援助する

必要物品・準備

  • 体位変換用枕、クッション、マットレスなど
    • 低反発のものや通気性に優れたものなど、患者の状態に応じて選択する

方法

  • 安静度、全身状態に応じた体位の保持を行う
    • 可能であれば座位や半座位なども積極的に取り入れる
  • 最低2時間に1回は体位変換を行う
  • 枕やクッションなどを使用し身体とマットレスの隙間を埋め、体圧を分散させる
  • どの体位のときも体幹がまっすぐになる(捻れがない)ようにし、筋緊張を軽減させる
  • 頭部:頭部から頸部をしっかり支えるよう留意し、適切な高さの枕を用いる
  • 上肢:体幹から少し離し、末梢部分が若干高くなるようにする
  • 下肢:クッションを必要時に挿入して、下肢の外旋を防ぐように工夫する
    • 尖足予防のため足底部は背底屈20度~30度になるよう調整する
    • 四肢の拘縮がある場合、皮膚の接触や圧迫による皮膚トラブルを予防するため、が生じるため
    • タオルやクッションなどを挿入して調整する

観察項目

  • 全身状態および関節可動域、四肢拘縮の有無
  • 皮膚の湿潤、発赤、褥瘡の有無
  • 体位を調整したことによる、患者の苦痛の有無

アセスメント

  • 適切なマットレスが選択され、体圧が効果的に分散されているか
    • 枕やクッションは適切な位置にあり、患者が安楽な姿勢を保てているか
    • 拘縮した四肢による接触や圧迫を軽減できているか
  • 体感の捻れによる全身の筋緊張が生じていないか
  • 24時間を通し、同じ姿勢でいる時間が長くなっていないか

注意点

  • 時間の経過と共に、頭部が徐々に枕からずり落ちたり、頚部が後屈しないよう観察と保持を行う
    • エアマットレスを使用する際は、患者の体重を設定し空気圧を調整する
    • 底づき(マットレスのふくらみが足りず、体が底についてしまうこと)に注意する

※【2017年3月30日】本文全体を 加筆・修正いたしました。

本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!